(詰将棋) 西村一義九段著『やさしい詰物二百題』第41題(出版:将棋天国社)

 


 


 


◆西村一義九段著『やさしい詰物二百題』

※この『やさしい詰物二百題』(1995年6月30日出版)は、著者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社から許可を頂いて掲載しています。 無断転載はご遠慮ください。

こちらでは西村一義九段著『やさしい詰物二百題』の問題を掲載しています。

 

『やさしい詰物二百題』は初心者~有段者まで楽しめる、難易度を簡単にした5手詰~11手詰の作品集です。
さらに「何手詰」かの詰手数表示がない、異色の一冊。

この本の詳しい紹介記事はこちらです。


関連記事:西村一義九段著『やさしい詰物二百題』の紹介(出版:将棋天国社)

 


◇今までブログに掲載した『やさしい詰物二百題』問題一覧


当ブログに今まで掲載した西村一義九段著『やさしい詰物二百題』の問題一覧はこちら。

関連記事:『やさしい詰物二百題』問題一覧

◎【中級~上級者向け】西村一義九段著『やさしい詰物二百題』問題一覧
Part1:第1題~第13題まで
Part2:第15題~第34題まで 
Part3:第36題~第63題まで 


 

 

 


◆第41題


◇問題図

【第41題 問題図】(詰手数:5手~11手)
桂香を飛でサポートする。

 

(当ブログは、この詰将棋の作者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社に、許可を頂いて掲載していますので
上記ボタンからツイッターカード経緯で出題する事は無断転載になりません。)


答えは 次回の問題の記事(クリックでリンク先へ飛ぶ。) に掲載します。

 

 


◇将棋よもやま話

良薬口に苦し、忠言耳に逆らう──もっともと思えども、お説教を素直に聞けないのが凡人の弱さか……。

 

 


◆次回『やさしい詰物二百題』第45題


◇第45題にチャレンジする


次回の問題

 

 


スポンサーリンク

 


 

 


◆前回 第36題の答え


◇第36題 正解手順

前回の問題

【第36題 問題図】
持駒に金が三枚もあるが、俗手では駄目。

上記 第36題(クリックで第36題の記事へ移動。)の答えは、
この記事を下へスクロールすると見る事ができます。

まだ第36題にチャレンジしていない方は、
上記 第36題の問題を解いてから答えを見る事をオススメします。

 

 

 

 


◇第36題の答え

【第36題 問題図】
持駒に金が三枚もあるが、俗手では駄目。

 

第36題 問題図からの指し手

▲3一銀不成 △1三玉 ▲1二金 △同玉

▲1一金 △1三玉 ▲2二銀不成 △同玉

▲1二金打 △3一玉 ▲2一金寄

(詰め上がり図)≫
↑≫の付いた青文字を押すと動く盤面で再生

【詰め上がり図は11手目▲2一金寄まで】
持駒の金を捨てるように使う。11手詰。

 

 

 


◇第36題 変化解説

解説のため、第36題問題図再掲載。

【再掲載 第36題 問題図】
正解手順の途中の変化は?

(*の付いた青色の文字*を押すと解説が表示されます。)

初手に▲3三金と打つ手は考えられますが、それは上手くいきません。(後に失敗手順まとめで解説。)

この問題は、上記 再掲載 問題図から初手▲3一銀不成(下記 第1図)と銀を入るのが正解です

【第1図は1手目▲3一銀まで】
ここで△同玉、△1一玉、△1二玉だと?

(この上記 第1図初手▲3一銀不成*△同玉*▲3二金*で早詰み。
 他に上記 第1図初手▲3一銀不成*△1一玉*▲2二金*で早詰み。
 この他、上記 第1図初手▲3一銀不成*△1二玉*▲2二金 △1三玉 ▲1二金打 △2四玉 ▲2五金*までの早詰み。)

よって、上記 第1図では2手目△1三玉と逃げるのが最長手順。

そこで3手目▲1二金(下記 第2図)と捨てるのが、唯一詰ませる事ができる一手です。

【第2図は3手目▲1二金まで】
ここで△1四玉(△2四玉)と逃げると?

(この上記 第2図3手目▲1二金*△1四玉《△2四玉》*▲2五金*で早詰みとなります。)

上記 第2図からは、4手目△同玉と取る一手。
持ち駒には、まだ金が二枚ありますがこれをどう使うか?

答えは5手目▲1一金!(下記 第3図)とタダの場所に金を捨てる手です。

【第3図は5手目▲1一金まで】
ここで△同玉と取る変化は?

(この上記 第3図5手目▲1一金*△同玉*▲2二金*までの早詰み。)

上記 第3図からは、6手目△1三玉と逃げる一手になります。
そこからさらに7手目▲2二銀不成!(下記 第4図)とタダ捨ての手筋が連続して登場します。

【第4図は7手目▲2二銀不成まで】
ここで△1四玉(△2四玉)と逃げると?

(この上記 第4図7手目▲2二銀不成*△1四玉《△2四玉》*▲2五金*までの早詰み。)

上記 第4図からは、8手目△同玉と取る手が最長の粘りとなり、そこから持ち駒の最後の金を打つ9手目▲1二金打に、10手目△3一玉と逃げ、最後は▲2一金寄(下記 詰め上がり図)までの11手詰となります。

【再掲載 詰め上がり図は▲2一金寄まで】
金銀を捨てて使うのがキモ。11手詰。

初手▲3一銀3手目▲1二金5手目▲1一金7手目▲2二銀不成と、
金銀をタダの場所に捨てて使うのがこの問題のキモ。

今回は11手詰の作品でした。

 

 


スポンサーリンク

 


 

 


◇第36題 失敗手順まとめ


最後に再掲載 第36題 問題図での失敗手順の紹介。

【再掲載 第36題 問題図】
問題図で初手▲3三金だと

 
●第36題 失敗手順まとめ

1:問題図*から初手▲3三金*△1三玉*詰まない。


 

 

 


◇マイナー将棋ブログ ひとこと

最初の持ち駒に金が3枚もあり、ベタベタと金を玉の横に打って詰ますような俗手タイプの詰将棋かと思いきや、駒捨ての手筋がバンバン飛び出してきます。
盤上に駒が少なく、てっきり簡素で単調な問題かと思いきや、そんな事はない予想を裏切ってくる問題。

手数的にも11手と『やさしい詰物二百題』の中では最長。
もしかしたら途中に9手で詰む早詰みの変化で読みを打ち切り、この問題は9手詰と読み間違えた方もいるかも?
『やさしい詰物二百題』は、詰手数表記がないため、早詰みの変化で読みを打ち切らないように気をつけましょう。

 


◆次回『やさしい詰物二百題』第45題


◇第45題にチャレンジする


次回の問題

 

 


▽関連商品(将棋天国社の出版物)


◇Amazonで購入する


・『やさしい詰物二百題 ──付・将棋よもやま話──』を購入する

*やさしい詰物二百題 ──付・将棋よもやま話──*
西村一義九段作、初級者でも解ける5手以上の簡単な詰将棋問題集。収録問題数は200問。収録手数は5手~11手だが、11手詰の作品でも変化の少ない簡単な作品ばかりで簡単に解けるものばかり。5手以上の詰将棋に苦手意識を持っている方でも、西村一義九段が絶妙に難易度調整をした、この「やさしい詰物二百題」ならスラスラ解ける事間違いなし! 普通の詰将棋と違い、問題に「何手詰」かの表記がなく、手数の短い問題でも本当にその手順で詰むのか?正確な読みが必要とされ、油断できない作りとなっている。 1問ごとに将棋界のエピソード「将棋よもやま話」が付いており、将棋界の豆知識も勉強できる。

 


◇将棋天国社の本出版物一覧


関連記事

 

 

 


#この記事のQRコード


QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

 


スポンサーリンク

 


 

 

他の将棋記事

Comments are closed.