先手勝ち?後手勝ち?『囲の王』第11話 王城環の寄せを凌ぎ切れ!

 


スポンサーリンク


 


◆先手勝ち?後手勝ち?『囲の王』第11話 王城環の寄せを凌ぎ切れ!



・この記事をツイッターでシェアしてみんなで遊ぶ。


※この記事中の画像は作者のおちR先生および株式会社コンパスに許可を頂いて掲載しています。無断転載はご遠慮ください。


「盤の隅々まで読み直せ。
どこかに逆転の詰みが残ってないか…。」

またも第10話から続くシリーズ。

今回第11話テーマ図の局面あなたが雪片まこと部長の代わりに、2択~5択の次の一手で王城環の寄せを凌ぐゲームです。
下記のテーマ図の局面、詰みがあるのか?ないのか?
雪片部長と一緒に考え、実際の王城環相手に読みをぶつけてみましょう。

 

 


◆後手の雪片部長に聞く。「テーマ図で後手に詰みはある?」

まずはテーマ図掲載。
この局面で後手玉に詰みはあるのでしょうか?

後手の対局者の雪片真部長に読み筋を聞いてみましょう。

【囲の王第11話テーマ図は△8七同歩成まで】
先手は必至。後手に詰みがなければ後手勝ち。

雪片 真
雪片 真
後手玉に詰みがなければ、私の勝ちだ。
この局面、どこかに逆転の詰みは残っていないか…。

 

 


◇雪片部長の読みを実際に聞いてみる

下記のページに移動すると、雪片真部長の読み筋を聞く事ができます。


ヒント:雪片部長の読み筋を聞く。テーマ図から▲3一角成・▲2四角成

雪片部長の読み筋を聞くと、後手玉は詰みそうにありません。
後は王城環の最後の王手を凌ぎ切れば、後手の勝ちとなります。

準備ができたら、下にスクロールしてあなたが王城環にチャレンジしてみましょう。

 

 


◆あなたが王城 環に挑戦!環の王手にどう逃げる?

この下記の局面(指しやすいようテーマ図を先後反転。)、果たして先手に逆転の一手はあるのか?
それとも環の王手を、後手のあなたが全て受け切ってしまうのか?
もし詰みがある場合は、最長手数まで逃げる事ができればゲームクリア!

下記の挑戦ボタン押すと、王城環がテーマ図から次の一手を着手します。

【再掲載 テーマ図は△8七同歩成まで】
先後反転。ここからの王城環の王手を君が凌ぐ。

王城環に挑戦する

 

 


◆『囲の王』第11話 紹介記事へ戻る


関連記事:名門北星との決着!『囲の王』第11話!君も環に挑戦!

 

 

Comments are closed.