(詰将棋) 西村一義九段著『やさしい詰物二百題』第30題(出版:将棋天国社)

 


 


 


◆西村一義九段著『やさしい詰物二百題』

※この『やさしい詰物二百題』(1995年6月30日出版)は、著者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社から許可を頂いて掲載しています。 無断転載はご遠慮ください。

こちらでは西村一義九段著『やさしい詰物二百題』の問題を掲載しています。

 

『やさしい詰物二百題』は初心者~有段者まで楽しめる、難易度を簡単にした5手詰~11手詰の作品集です。
さらに「何手詰」かの詰手数表示がない、異色の一冊。

この本の詳しい紹介記事はこちらです。


関連記事:西村一義九段著『やさしい詰物二百題』の紹介(出版:将棋天国社)

 


◇今までブログに掲載した『やさしい詰物二百題』問題一覧


当ブログに今まで掲載した西村一義九段著『やさしい詰物二百題』の問題一覧はこちら。

関連記事:『やさしい詰物二百題』問題一覧

 

 

 


◆第30題


◇問題図

【第30題 問題図】(詰手数:5手~11手)
飛を打つ時はよく読もう。

 

(当ブログは、この詰将棋の作者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社に、許可を頂いて掲載していますので
上記ボタンからツイッターカード経緯で出題する事は無断転載になりません。)


答えは 次回の問題の記事(クリックでリンク先へ飛ぶ。) に掲載します。

 

 


◇将棋よもやま話

「金は引く手に好手あり」「守りの駒は美しい」など、いずれも大山康晴名人の言葉。
大山先生の対局では渋い好手が目立ちました。

 


△関連記事:大山康晴十五世名人の実戦譜&自戦記解説


大山康晴十五世名人が自戦記を解説した記事はこちら↓。
(当ブログが将棋天国社から許可を頂いて掲載した、ネット初公開の幻の棋譜です!)

関連記事:「大山康晴十五世名人と将棋天国社の自戦記解説記事 Part1」

関連記事:「大山康晴十五世名人と将棋天国社の自戦記解説記事 Part2」

 

 


◆次回『やさしい詰物二百題』第32題


◇第32題にチャレンジする


次回の問題

 

 


スポンサーリンク

 


 

 


◆前回 第28題の答え


◇第28題 正解手順

前回の問題

【第28題 問題図】
初手は飛車打ちだが、どこに打つ?

上記 第28題(クリックで第28題の記事へ移動。)の答えは、
この記事を下へスクロールすると見る事ができます。

まだ第28題にチャレンジしていない方は、
上記 第28題の問題を解いてから答えを見る事をオススメします。

 

 

 

 


◇第28題の答え


【第28題 問題図】
初手は飛車打ちだが、どこに打つ?

 

第28題 問題図からの指し手

▲2三飛 △3二玉 ▲3一角左成 △2三玉

▲2二馬(詰め上がり図)≫
≫の付いた青文字↑を押すと動く盤面で再生

【詰め上がり図は5手目▲2二馬まで】
初手▲2三飛が正解。5手詰。

 

 

 


◇第28題 変化解説

解説のため、第28題問題図再掲載。

【再掲載 第28題 問題図】
正解手順の途中の変化は?

(*の付いた青色の文字*を押すと解説が表示されます。)

上記 再掲載 問題図では相手の△3四飛の利きがあるため、有効な王手は初手に飛車を打つ手のみです。
しかし上記 再掲載 問題図から初手▲3一飛・▲2二飛と打つ手が見えますが、これは詰みません。(後に失敗手順まとめで解説。)

さて、初手はどこに飛車を打つのが正解なのでしょうか?

正解は初手▲2三飛(下記 第1図)と打つ手です。

【第1図は1手目▲2三飛まで】
この手に△1一玉と逃げる変化は?

(この上記 第1図初手▲2三飛*に対し、△1一玉*▲2二角成*までの早詰み。)

これに受方は2手目△3二玉と玉を立ちます。
こうなると打った2三の飛車が取られそうで不安定な形ですが・・・。
ここで次の一手が決め手となります。

3手目▲3一角左成と左側の角を成ってみる手が盲点のような手。

これには4手目△2三玉と飛車を取る一手で、こうなれば最後の▲2二馬(下記 詰め上がり図)の馬引きで詰んでいます。まで5手詰です。

【再掲載 詰め上がり図は▲2二馬まで】
3手目の▲3一角左成が盲点?▲2二馬で詰み。

今回は5手詰の作品でした。

 

 


スポンサーリンク

 


 

 


◇第28題 失敗手順まとめ


最後に再掲載 第28題 問題図での失敗手順の紹介。

【再掲載 第28題 問題図】
問題図で初手▲3一飛・▲2二飛だと?

 
●第28題 失敗手順まとめ

1:問題図*から初手▲3一飛*△1二玉*で詰まない。

2:問題図*から初手▲2二飛*△1一玉*で詰まない。


 

 

 


◇マイナー将棋ブログ ひとこと

初手に飛車を打つ場所が多く迷わされる問題。
「大駒は離して打て」の格言通り、初手▲2三飛と打つのが正解なのですが、そこから飛車を取られる事になるので読み切れないと「飛車を取られて失敗だ。」と諦めさせられてしまう罠があります。

手数自体は5手詰なので、答えだけ見ると簡単なのですが、この『やさしい詰物二百題』は何手で詰むかわからないので「本当にこの変化で良いのだろうか?」といつも悩まされてしまいますね。

 

 


◆次回『やさしい詰物二百題』第32題


◇第32題にチャレンジする


次回の問題

 

 


▽関連商品(将棋天国社の出版物)


◇Amazonで購入する


・『やさしい詰物二百題 ──付・将棋よもやま話──』を購入する

*やさしい詰物二百題 ──付・将棋よもやま話──*
西村一義九段作、初級者でも解ける5手以上の簡単な詰将棋問題集。収録問題数は200問。収録手数は5手~11手だが、11手詰の作品でも変化の少ない簡単な作品ばかりで簡単に解けるものばかり。5手以上の詰将棋に苦手意識を持っている方でも、西村一義九段が絶妙に難易度調整をした、この「やさしい詰物二百題」ならスラスラ解ける事間違いなし! 普通の詰将棋と違い、問題に「何手詰」かの表記がなく、手数の短い問題でも本当にその手順で詰むのか?正確な読みが必要とされ、油断できない作りとなっている。 1問ごとに将棋界のエピソード「将棋よもやま話」が付いており、将棋界の豆知識も勉強できる。

 


◇将棋天国社の本出版物一覧


関連記事

 

 

 


#この記事のQRコード


QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

 


スポンサーリンク

 


 

 

他の将棋記事

Comments are closed.