(詰将棋) 西村一義九段著『やさしい詰物二百題』問題一覧Part2(第15題~第34題まで) 難易度普通 中級~上級者向け

 


 


 


◆西村一義九段著『やさしい詰物二百題』問題一覧Part2(第15題~第34題まで) 難易度普通 中級~上級者向け

当ブログに2020年4月8日~5月6日までに掲載した、西村一義九段著『やさしい詰物二百題』(1995年6月30日出版)を見やすいよう、このページに今まで載せた10題を掲載しました。
気になる解答は問題図の下にあるリンクをクリックすると見る事ができます。

 

第15題、第16題、第17題、第18第、第25題、第26題、第28題、第30題、第32題、第34題をこのページに掲載しています。(間の第14題、第19題~第24題、第27題、第29題、第31題、第33題は全部掲載すると後半の問題が紹介しきれないので、ブログへの掲載を見送りました。)

 

 


☆『やさしい詰物二百題』(1995年6月30日 将棋天国社出版)とは?

※この『やさしい詰物二百題』(1995年6月30日出版)は、著者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社から許可を頂いて掲載しています。 無断転載はご遠慮ください。

 

『やさしい詰物二百題』は初心者~有段者まで楽しめる、難易度を簡単にした5手詰~11手詰の作品集です。
さらに「何手詰」かの詰手数表示がない、異色の一冊!

この本の詳しい紹介記事はこちらです。


関連記事:西村一義九段著『やさしい詰物二百題』の紹介(出版:将棋天国社)

 


*著者 西村一義 プロフィール


◆著者 西村一義 プロフィール◆

西村 一義 九段(1941年12月14日生まれ。)

佐瀬勇次名誉九段門下。
振り飛車党で大内延介九段と並ぶ振り飛車穴熊の先駆者。
弟子には藤井猛九段、三浦弘行九段、阿部健治郎七段、星野良生五段、山田久美女流四段、藤田綾女流二段、北尾まどか女流二段 (2022年3月時点。)がいます。


 

 

 


◆今までブログに掲載した『やさしい詰物二百題』問題一覧


当ブログに今まで掲載した西村一義九段著『やさしい詰物二百題』の問題一覧はこちら。

関連記事:『やさしい詰物二百題』問題一覧

◎【中級~上級者向け】西村一義九段著『やさしい詰物二百題』問題一覧
Part1:第1題~第13題まで
Part2:第15題~第34題まで 


 

マイナー将棋ブログ
マイナー将棋ブログ
さぁPart2に入りました!
今回登場する問題は一体何手詰なのでしょうか?(5手~11手詰。)

そこも含めて、考えてみましょう。
西村先生が将棋界のトリビアについて語った「将棋よもやま話」も一緒に掲載しています。

 


『やさしい詰物二百題』第15題~第34題


◇第15題

【第15題 問題図】
2四に玉を逃がさないように。

 

(当ブログは、この詰将棋の作者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社に、許可を頂いて掲載していますので
上記ボタンからツイッターカード経緯で出題する事は無断転載になりません。)

この問題の答えはこちら↓。


上記問題の答え

 


△将棋よもやま話

一手入魂──好きな言葉である。
秒読みに追われながら必死に着手。
結果はともかく満足感が湧く。


 

 

 

 


◇第16題

【第16題 問題図】
頭金の詰みを狙うためには?

 

(当ブログは、この詰将棋の作者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社に、許可を頂いて掲載していますので
上記ボタンからツイッターカード経緯で出題する事は無断転載になりません。)

この問題の答えはこちら↓。


上記問題の答え

 


△将棋よもやま話

稽古一生──修業とは一生続けるもの。
それぞれの年代において、手段や方法は異なるとも、初心を忘れずに……。


 

 

 

 


◇第17題

【第17題 問題図】
金は斜めに誘え。

 

(当ブログは、この詰将棋の作者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社に、許可を頂いて掲載していますので
上記ボタンからツイッターカード経緯で出題する事は無断転載になりません。)

この問題の答えはこちら↓。


上記問題の答え

 


△将棋よもやま話

着眼大局、着手小局──升田幸三先生の好きな言葉である。
全体を見て判断し、部分を見て指す。


 

 

 

 


◇第18題

【第18題 問題図】
初手さえ見えれば簡単。

 

(当ブログは、この詰将棋の作者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社に、許可を頂いて掲載していますので
上記ボタンからツイッターカード経緯で出題する事は無断転載になりません。)

この問題の答えはこちら↓。


上記問題の答え

 


△将棋よもやま話

色紙の揮毫に「無心」と書く棋士が多い。
心の迷い、平常心で居られな迷い、だからこそ無心を求めて「無心」と書くのだろう。


 

 

 

 


◇第25題

【第25題 問題図】
2四に香がいなければ・・・。

 

(当ブログは、この詰将棋の作者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社に、許可を頂いて掲載していますので
上記ボタンからツイッターカード経緯で出題する事は無断転載になりません。)

この問題の答えはこちら↓。


上記問題の答え

 


△将棋よもやま話

千慮の一矢──何年過ぎても何十年過ぎても、あのときこうしておけば……と、凡人には悔いが多い。
これは将棋だけに止まらない。


 

 

 

 


スポンサーリンク

 


 

 

 


◇第26題

【第26題 問題図】
△3二銀をどう無力化するか?

 

(当ブログは、この詰将棋の作者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社に、許可を頂いて掲載していますので
上記ボタンからツイッターカード経緯で出題する事は無断転載になりません。)

この問題の答えはこちら↓。


上記問題の答え

 


△将棋よもやま話

人事を尽くして天命を待つ。
何事にもそのような心構えになればと思うのだが……。


 

 

 

 


◇第28題

【第28題 問題図】
初手は飛車打ちだが、どこに打つ?

 

(当ブログは、この詰将棋の作者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社に、許可を頂いて掲載していますので
上記ボタンからツイッターカード経緯で出題する事は無断転載になりません。)

の問題の答えはこちら↓。


上記問題の答え

 


△将棋よもやま話

人間万事塞翁が馬──中原誠名人の好きな言葉。
人生の有為転変は計り知れない。何が幸いするかも……。


 

 

 

 


◇第30題

【第30題 問題図】
飛を打つ時はよく読もう。

 

(当ブログは、この詰将棋の作者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社に、許可を頂いて掲載していますので
上記ボタンからツイッターカード経緯で出題する事は無断転載になりません。)

この問題の答えはこちら↓。


上記問題の答え

 


△将棋よもやま話

「金は引く手に好手あり」「守りの駒は美しい」など、いずれも大山康晴名人の言葉。
大山先生の対局では渋い好手が目立ちました。


 


大山康晴十五世名人が自戦記を解説した記事はこちら↓。
(当ブログが将棋天国社から許可を頂いて掲載した、ネット初公開の幻の棋譜です!)

関連記事:「大山康晴十五世名人と将棋天国社の自戦記解説記事 Part1」

関連記事:「大山康晴十五世名人と将棋天国社の自戦記解説記事 Part2」

 

 

 

 

 


◇第32題

【第32題 問題図】
駒を惜しまず捨てる気持ちで。

 

(当ブログは、この詰将棋の作者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社に、許可を頂いて掲載していますので
上記ボタンからツイッターカード経緯で出題する事は無断転載になりません。)

この問題の答えはこちら↓。


上記問題の答え

 


△将棋よもやま話

棋士に向く性格とは、大胆さと細心さを合わせ持っていること。
この相反する面のバランスを保つことが棋士にとって必須である。


 

 

 

 


◇第34題

【第34題 問題図】
▲3一金が邪魔駒。どう消す?

 

(当ブログは、この詰将棋の作者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社に、許可を頂いて掲載していますので
上記ボタンからツイッターカード経緯で出題する事は無断転載になりません。)

この問題の答えは、こちら↓。


上記問題の答え

◎関連記事 ⇒ 西村一義九段著『やさしい詰物二百題』第36題(出版:将棋天国社)&前回の解答


 


△将棋よもやま話

心技体──勝負の世界では精神力・技能・体力、この三つがバランスよく揃うことが成功への条件である。


 

 

 


スポンサーリンク

 


 

 

 

 


▽関連商品(将棋天国社の出版物)


◇Amazonで購入する


・『やさしい詰物二百題 ──付・将棋よもやま話──』を購入する

*やさしい詰物二百題 ──付・将棋よもやま話──*
西村一義九段作、初級者でも解ける5手以上の簡単な詰将棋問題集。収録問題数は200問。収録手数は5手~11手だが、11手詰の作品でも変化の少ない簡単な作品ばかりで簡単に解けるものばかり。5手以上の詰将棋に苦手意識を持っている方でも、西村一義九段が絶妙に難易度調整をした、この「やさしい詰物二百題」ならスラスラ解ける事間違いなし! 普通の詰将棋と違い、問題に「何手詰」かの表記がなく、手数の短い問題でも本当にその手順で詰むのか?正確な読みが必要とされ、油断できない作りとなっている。 1問ごとに将棋界のエピソード「将棋よもやま話」が付いており、将棋界の豆知識も勉強できる。

 


◇将棋天国社の本出版物一覧


関連記事

 

 

 


#この記事のQRコード

QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

 


スポンサーリンク


 

 

他の将棋記事

Comments are closed.