西村一義九段著『やさしい詰物二百題』第2題(出版:将棋天国社)&前回の解答

 


 


 


◆西村一義九段著『やさしい詰物二百題』

※この『やさしい詰物二百題』(1995年6月30日出版)は、著者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社から許可を頂いて掲載しています。 無断転載はご遠慮ください。

こちらでは西村一義九段著『やさしい詰物二百題』の問題を掲載しています。

 

『やさしい詰物二百題』は初心者~有段者まで楽しめる、難易度を簡単にした5手詰以上の作品集です。
さらに「何手詰」かの詰手数表示がない、異色の一冊。

この本の詳しい紹介記事はこちらです。


関連記事:西村一義九段著『やさしい詰物二百題』の紹介(出版:将棋天国社)

 


◇今までブログに掲載した『やさしい詰物二百題』問題一覧


当ブログに今まで掲載した西村一義九段著『やさしい詰物二百題』の問題一覧はこちら。

関連記事:『やさしい詰物二百題』問題一覧

 

 


◆第2題


◇問題図

【第2題】
初手の金の使い方が肝心。

 

(当ブログは、この詰将棋の作者の西村一義九段と、出版社の将棋天国社に、許可を頂いて掲載していますので
上記ボタンからツイッターカード経緯で出題する事は無断転載になりません。)


答えは 次回の問題の記事(クリックでリンク先へ飛ぶ。) に掲載します。

 

 


◇将棋よもやま話

将棋の源はインドのチャトランガ。
それが変形しながらアジア大陸を経て日本に伝えられた。
西洋に渡ったのがチェスである。

 

 

 


◆前回 第1題の答え


◇第1題 正解手順


前回の問題

【第1題 問題図】
右と左、どちらに角を打つのが正解か?

・第1題 問題図からの指し手

▲2二角 △2一玉 ▲1二金 △同玉

▲1三龍 △2一玉 ▲1一龍(詰め上がり図)≫

【詰め上がり図は▲1一龍まで】
▲1三龍~▲1一龍と転回するのが正解。

初手▲2二角から▲1二金と捨てて、▲1三龍~▲1一龍と転回するのが正解です。

今回は7手詰の作品でした。

 

 


◇第1題 失敗手順まとめ

最後に再掲載 第1題 問題図での失敗手順の紹介。

【再掲載 第1題 問題図】
初手▲4二角だと?

問題図で初手▲4二角△2一玉なら▲2二金 △同玉 ▲3三角成で寄るのですが・・・。

1.再掲載 第1図 問題図▲4二角△4一玉 ▲5三角成 △4三角(失敗図)で詰まない。

【失敗図は△4三角まで】
△4三角と龍を取られて詰まない。

よって問題図で▲2二角以外の手は不正解です。

 

 


◇マイナー将棋ブログ ひとこと

一問目なので、まだまだ優しい入門向け。
7手詰ですが、意外と解けてしまった初心者の方もいるのではないでしょうか?
初心者の方がこの問題を自力で解けたのなら、かなりの読みの力があるので自信を持ってください。

 

 


スポンサーリンク

 


 

 


◆次回『やさしい詰物二百題』第3


◇第3題にチャレンジする


次回の問題

 

 


▽関連商品(将棋天国社の出版物)


◇Amazonで購入する


・『やさしい詰物二百題 ──付・将棋よもやま話──』を購入する

*やさしい詰物二百題 ──付・将棋よもやま話──*
西村一義九段作、初級者でも解ける5手以上の簡単な詰将棋問題集。収録問題数は200問。収録手数は5手~11手だが、11手詰の作品でも変化の少ない簡単な作品ばかりで簡単に解けるものばかり。5手以上の詰将棋に苦手意識を持っている方でも、西村一義九段が絶妙に難易度調整をした、この「やさしい詰物二百題」ならスラスラ解ける事間違いなし! 普通の詰将棋と違い、問題に「何手詰」かの表記がなく、手数の短い問題でも本当にその手順で詰むのか?正確な読みが必要とされ、油断できない作りとなっている。 1問ごとに将棋界のエピソード「将棋よもやま話」が付いており、将棋界の豆知識も勉強できる。

 


◇将棋天国社の本出版物一覧


関連記事

 

 

 


#この記事のQRコード


QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

 


スポンサーリンク

 


 

 

他の将棋記事

Comments are closed.