西村一義九段著『やさしい詰物二百題』問題一覧Part1(第1題~第13題まで) 難易度普通 中級~上級者向け



◆西村一義九段著『やさしい詰物二百題』問題一覧Part1(第1題~第13題まで) 難易度普通 中級~上級者向け

当ブログに2019年11月14日~11月24日掲載した、西村一義九段著『やさしい詰物二百題』を見やすいよう、このページに今まで載せた10題を掲載しました。
気になる解答は問題図の下にあるリンクをクリックすると見る事ができます。

 

第1題、第2題、第3題、第5第、第6題、第8題、第9題、第11題、第12題をこのページに掲載しています。(第4第、第7題、題10題は全部掲載するのと後半の問題が紹介しきれないので、ブログへの掲載を見送りました。)

 

 


☆『やさしい詰物二百題』(1995年6月30日 将棋天国社出版)とは?

この『やさしい詰物二百題』(1995年6月30日出版)は将棋天国社、西村一義先生から許可を頂いて掲載しています。

 

『やさしい詰物二百題』は初心者~有段者まで楽しめる、難易度を簡単にした5手詰以上の作品集です。
さらに「何手詰」かの詰手数表示がない、少し変わった異色の一冊。
この本の詳しい紹介記事はこちらです。


◎関連記事 ⇒ 西村一義九段著『やさしい詰物二百題』の紹介(出版:将棋天国社)


 

 


*著者 西村一義九段 プロフィール

◆著者 西村一義九段 プロフィール◆

●西村一義 棋士データベース ←クリックでリンク先へ飛ぶ。

日本将棋連盟 ホームページ より。

西村 一義 九段(1941年12月14日生まれ。)

佐瀬勇次名誉九段門下。
振り飛車党で大内延介九段と並ぶ振り飛車穴熊の先駆者。
弟子には藤井猛九段、三浦弘行九段、阿部健治郎七段、星野良生四段、山田久美女流四段、藤田綾女流二段、北尾まどか女流二段がいます。

 

 


さてさて、今回登場する問題は一体何手詰なのでしょうか?
そこも含めて、考えてみましょう。
西村先生が将棋界のトリビアについて語った「将棋よもやま話」も掲載しています。

 

 


◇第1題

【第1題 問題図】
右と左、どちらに角を打つのが正解か?

 

この問題の答えはこちら。

 


△将棋よもやま話

将棋は千二百年の奈良時代に遣唐使が唐から持ち帰ったものと言われる。
この面白い遊びを作った昔の人々の知恵に感謝したい。

 

 


◇第2題

【第2題 問題図】
初手の金の使い方が肝心

 

この問題の答えはこちら。

 


△将棋よもやま話

将棋の源はインドのチャトランガ。
それが変形しながらアジア大陸を経て日本に伝えられた。
西洋に渡ったのがチェスである。

 

 


◇第3題

【第3題 問題図】
桂をどう使うか

 

この問題の答えはこちら。

 


△将棋よもやま話

世界には様々な将棋がある。
競技人口の一番多いのは西洋将棋(チェス)。
続いて中国将棋(象棋)。
日本将棋は三番目か。

 

 


◇第5題

【第5題 問題図】
△3三馬の守りを金二枚で無効化する。

 

この問題の答えはこちら。

 


△将棋よもやま話

初代名人大橋宗桂は戦国時代から江戸初期にかけて活躍した人。
信長・秀吉・家康の三雄に仕えた。

 

 


◇第6題

【第6題 問題図】
金の見切り時が大事

 

この問題の答えはこちら。

 


△将棋よもやま話

大橋宗桂は織田信長に仕えていたとき、桂を巧みに使うので、「宗桂」の名を与えられた。

 


☆マイナー将棋ブログ加筆「初代大橋宗桂の桂使い」

初代大橋宗桂の注目の一局を1つだけ紹介。

【1618年8月11日本因坊算砂対初代大橋宗桂図】
初代宗桂△6五桂タダ捨て。▲同歩は△6六歩。

初代大橋宗桂の妙技。△6五桂のタダ捨て以下、▲同歩△6六歩から初代大橋宗桂の攻めが決まった。

上記の1618年8月11日 御城将棋 本因坊算砂 対 初代大橋宗桂 の一局を動かして再生できます。

棋譜 再生
クリックで棋譜再生。

 

 


スポンサーリンク


◇第8題

【第8題 問題図】
一枚の角を生かすため、もう一枚の角は・・・

 

この問題の答えはこちら。

 


△将棋よもやま話

信長は本能寺で明智光秀に襲われて自刃。
この信長の呆気ない死を「本能寺端の歩を突く暇もなし」と詠んだ古川柳もある。

 

 


◇第9題

【第9題 問題図】
持ち駒の角をどう使うか?

 

この問題の答えはこちら。

 


△将棋よもやま話

「大閣将棋」というのがあった。
先手側が飛車先の歩を省き、初手で相手の角頭に飛車が成り込む。
秀吉の傍若無人ぶりの名残りか。

【大閣将棋図】
駒落ち側が上手。 初手△8七飛成で上手有利。

 

 


◇第10題

【第10題 問題図】
大駒は離して打てと言うが・・・。

 

この問題の答えはこちら。

 


△将棋よもやま話

現存する最古の棋譜は、慶長十二年に大橋宗桂が先手で本因坊算砂と指した平手戦。
両者が飛車を振る相四間飛車であった。

 


☆マイナー将棋ブログ加筆「最古の棋譜 慶長十二年(1607年) 初代大橋宗桂対本因坊算砂」

初代大橋宗桂と本因坊算砂の最古の棋譜を紹介。

【1618年6月1日初代大橋宗桂図対本因坊算砂】
現在に残る最古の棋譜。相四間飛車。

上記の1618年6月1日 御城将棋 初代大橋宗桂 対 本因坊算砂 の一局を動かして再生できます。

棋譜 再生
クリックで棋譜再生。

 

 


◇第11題

【第11題 問題図】
龍を生かすには金銀をどう使う?

この問題の答えはこちら。

 


△将棋よもやま話

江戸城内で将軍家に将棋を披露することを「御城将棋」と言った。
毎年十一月十七日で「将棋の日」として今に残る。

 

 


◇第12題

【第12題 問題図】
守りの△2一香をはずすには?

この問題の答えはこちら。

 


△将棋よもやま話

棋界では八十一歳を「盤寿」として祝う。
将棋盤の枡目の数に由来する。
これまでに加藤治郎名誉九段や小堀清一九段がおられる。

 

 


スポンサーリンク


◇第13題

第13題 問題図】
もしも▲2四角が金だったら?

この問題の答えは次回掲載の問題に掲載予定です。

 


△将棋よもやま話

駒には王と玉がある。
対局では上位者が王を持ち、下位者が玉を並べる。
これは将棋の礼である。

 

 


▽関連商品(将棋天国社の出版物)

将棋天国社の出版物は、下記から注文する事ができます。

『横歩取りは生きている』三部作。 『将棋天国』『将棋あおもり』『新・将棋天国』は2019年の今も購入可。


↑こちらの『将棋天国社商品リスト』から将棋天国社へ電話で購入する事ができます。


将棋天国社の出版物一覧。 『横歩取りは生きている』三部作、『将棋あおもり』『将棋天国』『新・将棋天国』の試し読みはこちら。


*横歩取りは生きている―大橋柳雪から現代まで* 定価:1,000円

著:沢田多喜男 出版:将棋天国社 1981年2月発売。 江戸時代の天才棋士、大橋柳雪が書いた"宇宙間第一の珍書"「平手相懸定跡奥義」から始まった横歩取りの歴史。 そこから1981年に至るまで、プロアマ間の横歩取りの歴史・定跡を語った本。 「横歩取り△3三角打戦法」から「横歩取り△4五角戦法」は大橋柳雪が江戸時代から研究し、当事のプロ棋士をも上回る内容だった!? アマチュアで流行した「横歩取り△3三角打戦法」から、山田道美九段が研究した「横歩取り△4五角戦法」の当事の出来事・定跡について徹底解説! 山田九段、花田八段、谷川九段、宮坂九段、若島正氏、谷川俊昭氏、以下あらゆる将棋指しが大橋柳雪の「平手相懸定跡奥義」に挑むが・・・? 当事の横歩取りの背景を沢田多喜男氏がドラマティックな文章で語った名著。 「第一部 大橋柳雪」から「第二部 柳雪から現代まで」「第三部 横歩取りの起源」まで横歩取りの新手の歴史的背景を紐解いて行く。 今では有名な「△4五角戦法」の裏定跡「若島・佐々木流」の指し方・裏定跡を生んだアマチュア強豪の若島正氏、佐々木光夫氏の話についても詳しい。 しかしそれも大橋柳雪の掌の中だった・・・? プロアマの将棋指しが大橋柳雪に挑み、横歩取りを現代まで紡ぐ! 横歩取りをテーマに江戸から昭和将棋史を語った名著! 将棋の読み物としても面白く、読んでいくうちに横歩取りの思想と定跡が生まれた背景が勉強できるでしょう。 2019年現在発売されている横歩取りの定跡書で、定跡は勉強できますが、その定跡の一手が生まれた理由・考案者について詳しく書かれた本が『横歩取りは生きている』です。

『横歩取りは生きている―大橋柳雪から現代まで』の商品レビューを読む。

 


#この記事のQRコード

QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。



 

Comments are closed.