Twitter(ツイッター)、instagram(インスタグラム)に掲載した自作詰将棋 双玉1手詰&前問の解答(2019年8月3日)


◆Twitter(ツイッター)、instagram(インスタグラム)に掲載した自作詰将棋 双玉1手詰&前問の解答(2019年8月3日)

当ブログがinstagram(インスタグラム)で掲載した自作詰将棋をまとめておきます。
Twitter ID:@Maina_ShogiBlog
instagram:mizuki_shogi

 


当ブログが今まで掲載した自作詰将棋の一覧はこちら。(1手詰以外もあります。)
●マイナー将棋ブログ作 自作詰将棋一覧 ←クリックでリンク先へ飛ぶ。


当ブログが2019年5月14日~8月31日に作った詰将棋、双玉1手詰全38問をまとめたページはこちら。 Part3にkifファイルのダウンロードページもあります。

●マイナー将棋ブログ作「双玉詰将棋1手詰」 全38問一覧 Part1 難易度簡単!初心者向け ←クリックでリンク先へ飛ぶ。


 

 


◆2019年 8月3日掲載「双玉1手詰

【問題図 双玉1手詰】
▲4四角を使うか?▲1五香を使うか?

・作者の一言(マイナー将棋ブログ)
一見どれでも詰みそうに見えるが、逆王手の罠を設置。
本来はこの逆王手系の詰将棋を3・4問目から出題したかったが、意外と「駒を動かすと玉を取られる」系の作品の人気があったことから、逆王手系の掲載を見送っていました。
双玉自体があまり開拓されていないジャンルのため、意外な反応が沢山あって驚いています。

 

答えは次回の問題の記事に掲載します。

(下にスクロールすると前回の2019年8月2日の問題の答えがあります。)

 

 


◆前回の答え(2019年 8月2日掲載)



【問題図 双玉1手詰】
逆王手の罠が散りばめられている。

・問題図からの指し手

▲7三角成(詰め上がり図)

【詰め上がり図は▲7三角成まで】
飛角の両王手▲7三角成が正解!

相手の△5五角の利きを止めつつ、両王手をかける▲7三角成(詰め上がり図)が正解!
△7三同角▲9一飛成で相手の王を取れます。

問題図▲7三角成以外の手だと、逆王手で失敗となります。

 

最後に再掲載 問題図での失敗手順の紹介。

【再掲載 問題図 双玉1手詰】
▲6二角成や▲8四玉は何故駄目なのか?

1.再掲載 問題図▲6二角成△6一歩で詰まない。

2.再掲載 問題図▲8二香成△同角逆王手で失敗。

3.再掲載 問題図▲8四玉△9四飛(失敗図)逆王手で失敗。

【失敗図は△9四飛まで】
▲8二香成も▲8四玉も逆王手で失敗。

よって問題図で▲7三角成以外の手は不正解です。

Twitterでの正解率はその他(▲7三角成)71%でした!
誤答率は▲6二角成▲8四玉14%。
引っかかってくれた方もいて作者は嬉しいです。

ブログ再開後に難易度の高い問題を、と思いましたが読者もこの時期に備えて相当腕を磨いて来たようですね。
負けじと次の双玉を考えてみます。

皆さんの解答、ありがとうございました!

やはりこの逆王手が双玉詰将棋の一番楽しい所です。
普通とは違う「逆王手で失敗」と言う感覚に皆さん戸惑っていますか?

双玉詰将棋って楽しいですね、私も今後作るのにハマっていきそうです。

 

 


◆次回の問題(2019年 8月3日掲載)



※皆様からの詰将棋の投稿、お待ちしております。
ブログのメールフォーム、TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)から、詰将棋を送っていただければ掲載するかもしれません。

マイナー将棋ブログ お問い合わせメールフォーム ←クリックでリンク先へ飛ぶ。

Twitter ID:@Maina_ShogiBlog

 

 


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表記(2019年  8月3日掲載「双玉1手詰」)

今回掲載した当ブログ作成の詰将棋を「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表記」しておきます。
「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表記」のルールを守って頂ければ、この詰将棋はご自由に使って頂いて構いません。

【2019年8月3日掲載 双玉1手詰】
CCライセンス表記(CC BY 4.0)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

マイナー将棋ブログ 作『2019年8月3日掲載 双玉1手詰』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。
http://minorshogi.com/20190803-twin-1move-problem/にある作品に基づいている。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示用 HTMLコード(コピーペーストしてお使いください。)
<a rel="license" href="http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/"><img alt="クリエイティブ・コモンズ・ライセンス" style="border-width:0" src="https://i.creativecommons.org/l/by/4.0/88x31.png" /></a><br /><a xmlns:cc="http://creativecommons.org/ns#" href="http://minorshogi.com/" property="cc:attributionName" rel="cc:attributionURL">マイナー将棋ブログ</a> 作『<span xmlns:dct="http://purl.org/dc/terms/" href="http://purl.org/dc/dcmitype/StillImage" property="dct:title" rel="dct:type">2019年8月3日掲載 双玉1手詰</span>』は<a rel="license" href="http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/">クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンス</a>で提供されています。<br /><a xmlns:dct="http://purl.org/dc/terms/" href="http://minorshogi.com/20190803-twin-1move-problem/" rel="dct:source">http://minorshogi.com/20190803-twin-1move-problem/</a>にある作品に基づいている。

 

 


▽関連商品

*詰将棋ドリル2 1手詰 初・中級編(チャレンジシリーズ)* 定価:838円

著:森 信雄 2012年3月31日発売。 『詰将棋ドリル1 1手詰入門編』の続編。 全274題の一手詰作品集です。 前作は「一通りの駒別の手筋」がテーマでしたが、今回は応用編となっており森信雄先生得意の「飛角香の飛び道具での詰み」がテーマとなっています。 なので難易度も高くなっており、この形で本当に詰むのか?と1手詰でも悩まされる問題も多数。 前作でもあった「前問と駒の位置が少し違うだけで全く別の答えになる」出題テクニックも健在です。 1手詰なんてもう簡単♪と自信がついてきた方に、詰将棋の奥深さを思い知らせる一冊です。

『詰将棋ドリル2 1手詰 初・中級編(チャレンジシリーズ)』の商品レビューを読む。

 


#この記事のQRコード


QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。


 

Comments are closed.