「王城環 大ピンチ!?全国へ行くのは…!!」将棋漫画『囲の王』1月15日 第34話更新!VS真田高校戦&棋譜解説

 


 


 


<『囲の王』第35話の紹介記事はこちら。
『囲の王』第33話の紹介記事はこちら。>


目次

◆将棋漫画『囲の王』1月15日 第34話更新! 今回の展開は?

※この記事中の画像は作者のおちR先生および株式会社コンパスに許可を頂いて掲載しています。無断転載はご遠慮ください。

 

2020年3月27日から、漫画アプリ『マンガボックス(人気の連載漫画が無料で読める)』で将棋漫画が連載開始!
その漫画とは熱い将棋漫画『囲の王』

「オレと将棋の頂点をぶん捕ろうぜ!」
作者:おちR 編集:株式会社コンパス
2020年3月27日に漫画アプリ『マンガボックス』で連載開始!

 


松山高のエース 王城環にも限界が!?

 

女子高生の美少女棋士達が、学生将棋界で熱い勝負を繰り広げる将棋漫画!
『囲の王』第34話の更新情報をお伝えします!

今回の第34話は、前回から続く将棋の甲子園 大橋浪女杯 決勝リーグ三回戦 VS真田高校 三将戦 白姫美月 VS 王城環戦 の続き。

この最終戦に勝利し、愛媛県最強棋士の座を勝ち取るのは
松山高校の関東最強棋士 王城環か
真田高校の復活した真のエース 白姫美月か?

ところがこの頂上決戦で松山高校の王城環に異変が起こった。
この『将棋の甲子園』大橋浪女杯での度重なる連戦により、
百戦錬磨の王城環にも溜まっていた疲労が襲いかかってきたのだ。

今まで負け知らずだった
王城環が大ピンチに追い込まれ・・・!(下記画像参照。)


王城環 初めての敗北!?

環の将棋の頂点をぶん捕る夢
ここで終わってしまうのか?

 

 

次回!『囲の王』

最終回!

 

 


◆『囲の王』を漫画アプリ『マンガボックス』で読む

『囲の王』の最新話(第34話)はこちらで読む事ができます。


◇【<<『囲の王』最新話 第34話はこちら! (2021年1月15日 最新話更新!)>>】


『囲の王』を漫画アプリ『マンガボックス』で読む

●漫画アプリ『マンガボックス』トップページ ←クリックでリンク先へ飛ぶ。


◆漫画アプリ『マンガボックス』アプリ版 ダウンロード◆
AppStoreからダウンロード
Google Play で手に入れよう
漫画好き必見!無料で毎日漫画が読める!ユーザー1000万人以上の大人気アプリ『マンガボックス』
アプリ版『マンガボックス』なら、毎日更新される連載漫画を手軽にチェック可能!
WEB版よりも動作が軽く、画面の拡大もできるのでストレスなく漫画を読めます。
  
 

『囲の王』エピソード一覧(毎週金曜日 最新話更新!)

・『囲の王』エピソード一覧 (マンガボックス) ←クリックでリンク先へ飛ぶ。

(2021年1月15日 最新話更新!)


※スマートフォンのアプリ版『マンガボックス』なら、読めなくなった話も第1話から最新話まで全話読む事ができます。
(1日3話までならCMを見る事で無料! 1日で4話以上読む際は1話毎に30円必要。)
スマートフォンで全話読みたい方は
アプリ版『マンガボックス』をダウンロード!


 


スポンサーリンク


 

 


◆『囲の王』第34話のあらすじは?少しだけ紹介!

※『囲の王』第34話の軽いネタバレを含むので、気になる方は先に『囲の王』本編を読んで自分の目で確かめましょう。

『囲の王』ってどんな漫画?第1話~第33話までのストーリー&キャラクター&盤面紹介記事はこちら。


関連記事:今までの『囲の王』紹介記事一覧

 

 


◇『囲の王』第34話のストーリー・あらすじ


最終戦 決勝リーグ三回戦 松山高校VS真田高校。

将棋の甲子園と呼ばれる最大級の全国学生将棋大会『大橋浪女杯』の愛媛県予選大会も日本全国大会へ出場する愛媛県上位2校を決める最後の決勝リーグ三回戦!

主人公の環達が率いる松山高校が1勝1敗で迎えた、最終戦の相手は同じ1勝1敗同士の真田高校。
この戦いに勝った方が2勝1敗で愛媛県内2位となり、全国大会へ行く権利を手にする。(愛媛県1位は2勝0敗の北星高校に決定。)

 


 
かくして始まった
松山高校VS真田高校戦は、大将戦・副将戦・四将戦・五将戦の4戦が終了。
 
大将戦の桂香里、四将戦の藍原あゆむは『大橋浪女杯』での三連戦によりスタミナ切れで失速し敗北し、2敗。
副将戦の天金紗代子部長の研究と努力、五将戦の眞銀ななはハッタリと粘りで見事勝利し、2勝。
松山高校VS真田高校戦の途中経過は現在2勝2敗となり、
残る勝負は両校のエースがぶつかる三将戦の王城環 VS 白姫美月のみとなっていた。(下記画像参照。
 

この勝負に勝てば全国大会出場決定!
全ては両校のエースに託された!
 
この三将戦に勝利した高校が『大橋浪女杯』愛媛県予選の上位2校となり、
日本全国大会への出場が決定する。
 
 

 
こうして始まった、両校のエース同士がぶつかる三将戦は
王城環が苦手とする戦型『筋違い角戦法』を用いた真田高の白姫美月が優位に立った。(下記画像参照。)
 

王城環の弱点『筋違い角戦法』を使い
先手の白姫は優位に。
 
 
だが不得意な戦型でも、流石は松山高校のエース 王城環。
中盤戦で△4五歩~△6五歩(下記画像参照。)からの巧みな反撃で、劣勢だった局面を互角に引き戻し・・・
 
 
 
 
 
たかに思えたが・・・!?

 

 

 

 

美月の読みは
環のさらに上を行き…!!

 

 

 

さらにここで…!!

 

 

 


 
対局中の環に突如 異変が!?
 
 

 


 
 
 

団体戦の重圧による疲労。
脳のスタミナが枯渇したわね。」
 
 
 

最後の最後。
 
勝たなければならない
ここ一番の局面で
 
連戦による
疲労が襲いかかり・・・。
 
 
 

環の「将棋の頂点をぶん捕る」夢はここで終わってしまうのか!?
次回、最終回の『囲の王』第34話(2021年1月15日更新!)を読んで確かめてみよう!
『囲の王』を漫画アプリ『マンガボックス』で読む

●漫画アプリ『マンガボックス』トップページ ←クリックでリンク先へ飛ぶ。


◆漫画アプリ『マンガボックス』アプリ版 ダウンロード◆
AppStoreからダウンロード
Google Play で手に入れよう
漫画好き必見!無料で毎日漫画が読める!ユーザー1000万人以上の大人気アプリ『マンガボックス』
アプリ版『マンガボックス』なら、毎日更新される連載漫画を手軽にチェック可能!
WEB版よりも動作が軽く、画面の拡大もできるのでストレスなく漫画を読めます。
  
 

『囲の王』エピソード一覧(毎週金曜日 最新話更新!)

・『囲の王』エピソード一覧 (マンガボックス) ←クリックでリンク先へ飛ぶ。

(2021年1月15日 最新話更新!)


※スマートフォンのアプリ版『マンガボックス』なら、読めなくなった話も第1話から最新話まで全話読む事ができます。
(1日3話までならCMを見る事で無料! 1日で4話以上読む際は1話毎に30円必要。)
スマートフォンで全話読みたい方は、アプリ版『マンガボックス』をダウンロード!


 

 


スポンサーリンク


 

 


◆『囲の王』第34話 注目の局面!大橋浪杯愛媛予選決勝リーグ三回戦 松山高校VS真田高校 三将戦 白姫美月VS王城環「全国は俺が行く!環の筋違い角破り!」

※『囲の王』第34話のネタバレなので、気になる方は先に『囲の王』本編を読んで自分の目で確かめましょう。


 


顔を上げろ!
盤面を見ろ!王城環!
皆をオレが全国に
連れて行くんだろ!

(『囲の王』第34話より。)

 


今回の注目の局面は、前回の第33話ら続く
将棋の甲子園『大橋浪女杯』愛媛県予選 決勝リーグ 三回戦。
『愛媛県立 松山高校』VS『愛媛県立 真田高校』
三将戦 白姫美月 VS 王城環中盤戦。(下記テーマ図)

【囲の王第34話テーマ図は▲3四飛まで】
先手の▲3四飛は絶妙手。環に手はあるのか?

上記 テーマ図は、前回の第33話(クリックで第33話の記事へ移動。) 終了時の最終局面で後手の環が劣勢の状況。

今回の第34話この局面から始まり、後手の王城環はスタミナ切れの中で上記 テーマ図の次の一手を考える事になります。
真田高校のエース 白姫美月に絶体絶命に追い込まれた環は、ここから逆転する事ができるのか!?

今回は『囲の王』第34話を楽しんでいただくため、上記 テーマ図で後手の王城環が苦しい理由を詳しく解説していきます。

 

 


◇解説:前回の第33話から今回の第34話 冒頭までの棋譜解説

それでは、まず局面の流れを理解するために前回の第33話から今回の第34話 冒頭までの棋譜を見ていきましょう。


前回 『囲の王』第33話のP4。(上記画像。)
上の局面は、
前回 第33話の「注目の局面!」のテーマ2図*
上のコマから14手進んだのが、次の下記画像。

 


前回『囲の王』第33話のP7。(上記画像。)
今回の
第34話「注目の局面!」のテーマ図*
上記の不利な局面に追い込まれ、
後手の環が次の一手を考えるのが今回の第34話。

この上の局面に至るまでの手順をまずは見てみよう。

 


前回の第33話 テーマ2図下記掲載
以下の局面から14手後第34話 テーマ図まで解説しながら進めてみましょう。
(*の付いた青色の文字*にカーソルを合わせると解説が表示されます。)

【第33話テーマ2図は39手目▲2四同飛まで】
この局面からどのように進行したのか?

 
第33話 テーマ2図*からの指し手

△4五歩*   ▲同角   △8五桂* ▲6七金

△7七桂成 ▲同桂* △5四歩* ▲5八銀

△6五歩*   ▲同歩   △6六歩* ▲同金*

△3三角*   ▲3四飛* (第34話テーマ図)≫

【第34話テーマ図は53手目▲3四飛まで】
△3三角の両取りに▲3四飛が美月の好手!

ここまでが『囲の王』第33話 後半から第34話の冒頭までの進行。
上記 テーマ図▲3四飛で既に先手優勢の局面になっています。(後で詳しく解説。)

ここから今回の第34話に入り、後手の環は次の一手を考えるのですが
そもそも第34話のテーマ図*の局面は、どうして後手の環が不利なのでしょうか?

 


環も「読みの上を行く相手」と認める程
後手不利の局面。
テーマ図で先手の白姫美月は、
どんな返し技を用意しているのだろうか?

 

 


スポンサーリンク


 

 


△変化解説:今回 第34話のテーマ図 後手の環はどうして不利なのか?

では、さっそく再掲載 第34話 テーマ図「後手の環が不利な理由。」を解説していきましょう。

【再掲載 第34話テーマ図は▲3四飛まで】
上記 テーマ図で後手不利の理由とは?

この上記 テーマ図では、後手からすぐに動くとすれば△6六角・△2三銀・△4二飛3つの手があります。
しかしこれらは全部先手に返し技があり、後手不利となってしまいます。(下記の3つの変化解説参照。)

・今回のテーマ図 後手の3つの変化解説

1:テーマ図で△6六角
テーマ図*△6六角*▲3二飛成*で飛車を取って龍まで作った先手勝勢。


2:テーマ図で△2三銀
次にテーマ図*△2三銀*▲3三飛成* △同飛* ▲6四歩* △5三金*▲6五桂打* △6四金 ▲4二角* △6三飛* ▲6四角成 △同飛 ▲2三角成*先手勝勢。


3:テーマ図で△4二飛
さらにテーマ図*から△4二飛*▲6七金* △6六銀* ▲3三飛成* △7七銀成* ▲同金 △3三銀* ▲6四歩* △同金 ▲5三角*先手優勢。
(以下△6三飛*▲4二角成 △同銀▲6六歩*と受けておけば後手の打った飛車が攻めに使えず、先手優勢は動きません。)

よってテーマ図*後手から動く手は難しく、王城環が不利な局面なのです。

どの変化も先手の▲3四飛
「後手の△3三角が動けば▲3二飛成で飛車を取れる。」
「いつでも▲3三飛成 ~▲6四歩~▲4二角or▲5三角」
2つの反撃手段を作っており、後手の飛角をたった一枚の▲3四飛で押さえ込んでいるのがわかります。

後手はテーマ図での△2二銀*の位置も悪く、後手は△2二飛と使いたいもののそれができません。
後手の王城環は本局の序盤で▲4五角の筋違い角を打たれたため、△2二銀型を強要されてしまい飛角が使いにくくされたのがここに来て響いています。

 

先手の白姫美月は、マイナー戦法「筋違い角」の序盤研究で優位に立っただけでなく、
その後の指し回しも正確で環に匹敵するほどの高い棋力を感じさせます。



真田高校のエース 白姫美月。
序盤だけでなく、
中盤の読みも環に匹敵するほど深い。
間違いなく強敵だ。

 

 


スポンサーリンク


 

 


◇まとめ:今回の第34話は後手の環が不利な局面。果たして逆転の一手は?

さて気を取り直して、今回の第34話のテーマ図再掲載します。

【再掲載第34話テーマ図は▲3四飛まで】
後手不利だが、ここで逆転の一手はあるのか?

今回のテーマ図を読んでみると、後手の王城環が動けず苦しい局面という事がわかりました。
後手からすぐに動く手は全て不利になり、
このまま動く手がなければジワジワと先手に差を広げられてジリ貧になってしまいます。

会場の観客からも「王城環もここまでか・・・」と声が漏れてきて、
真田高校が愛媛県代表校に決定した空気が漂ってきました。(下記画像参照。)


環の劣勢を理解した観客。
その空気が対局者の環にも伝わり・・・。

 


環の「将棋の頂点をぶん捕る」夢は
ここで終わってしまうのか?

 

この続きは
囲の王 第34話にて!

 

 


◇「大橋浪杯愛媛予選決勝リーグ三回戦 松山高校VS真田高校『三将戦 白姫美月VS王城環』」初手から終局までの棋譜再生

今回の『囲の王』 第34話の「三将戦 白姫美月VS王城環」戦
作者のおちR先生に棋譜を頂きましたので、初手から終局までの棋譜を下記で再生する事ができます。(紙面の掲載量の都合で描けなかった初手から再生可!)
第34話の将棋の完全なネタバレなので、先に『囲の王』本編を読んでからの棋譜鑑賞をオススメします。


 


絶体絶命の環に逆転する術はあるのか!?
気になる次の一手は、囲の王 第34話(2021年1月15日更新!)にて!


『囲の王』を漫画アプリ『マンガボックス』で読む

●漫画アプリ『マンガボックス』トップページ ←クリックでリンク先へ飛ぶ。


◆漫画アプリ『マンガボックス』アプリ版 ダウンロード◆
AppStoreからダウンロード
Google Play で手に入れよう
漫画好き必見!無料で毎日漫画が読める!ユーザー1000万人以上の大人気アプリ『マンガボックス』
アプリ版『マンガボックス』なら、毎日更新される連載漫画を手軽にチェック可能!
WEB版よりも動作が軽く、画面の拡大もできるのでストレスなく漫画を読めます。
  
 

『囲の王』エピソード一覧(毎週金曜日 最新話更新!)

・『囲の王』エピソード一覧 (マンガボックス) ←クリックでリンク先へ飛ぶ。

(2021年1月15日 最新話更新!)


※スマートフォンのアプリ版『マンガボックス』なら、読めなくなった話も第1話から最新話まで全話読む事ができます。
(1日3話までならCMを見る事で無料! 1日で4話以上読む際は1話毎に30円必要。)
スマートフォンで全話読みたい方は、アプリ版『マンガボックス』をダウンロード!


 

 


◆次の『囲の王』最新話紹介記事【次回 最終回!】(第35話 2021年1月22日更新!)


次回の記事:2021年 1月22日更新!

 

 


◆今までの『囲の王』紹介記事

今までの『囲の王』紹介記事はこちら。


関連記事:今までの『囲の王』紹介記事一覧

 


スポンサーリンク


 

 


◆『囲の王』電子書籍版 第2巻が12月12日に各種電子書籍ストアで販売!

2020年12月12日各種電子書籍ストア『囲の王』の単行本 第2巻が発売しました!

電子書籍版 『囲の王 第2巻』には、マンガボックス版の第12話~第23話までが収録。
今回も第1巻と同じくマンガボックス版には掲載されていない、描き下ろしおまけエピソードが収録

松山高校棋道部部長の天金紗代子先輩と新入部員の眞銀ななが温泉で・・・!?

詳しくはこちらの記事(『囲の王』電子書籍版 第2巻 紹介記事へ飛ぶ。)で!


・『囲の王』第2巻 【定価:660円】


 
 
 

◆おちR先生が出版した漫画一覧


・囲の王 第1巻 【定価:660円】

*『囲の王』第1巻 電子書籍版(描き下ろしのおまけ話有!)* 定価:660円
著:おちR 編集:コンパス 2020年9月6日発売。 漫画アプリ『マンガボックス』掲載の第1話~第11話が収録。
電子書籍ストア『ebookjapan』『Book☆Walker』で購入するとストア別の限定特典イラストがついてくる!
『ebookjapan』限定特典イラストサンプル*
『Book☆Walker』限定特典イラストサンプル*
Q.『囲の王』「単行本」と「分冊版」の違いは?*
 

 

・ご飯にしますか?お風呂にしますか?それとも付喪神にしますか?(電撃コミックス)全2巻 【1巻:638円】【2巻:682円】

*ご飯にしますか?お風呂にしますか?それとも付喪神にしますか? (電撃コミックスNEXT)* 定価:638円
 
 

△ニコニコ静画で一部無料で読めます

『ご飯にしますか?お風呂にしますか?それとも付喪神にしますか?』ニコニコ静画で数話一部無料で公開されています。

買った冷蔵庫が女の子になって同居!? なんだその熱い冷たい関係は!?
主人公九十九と冷蔵庫のお姉さんナノイとの熱く冷たい同居生活が始まる!


『ご飯にしますか?お風呂にしますか?それとも付喪神にしますか?』を一部無料のニコニコ静画で読む。

 

 


・カッテ!RPG!!(1) (アース・スターコミックス) 【定価:330円】

*カッテ!RPG!!(1) (アース・スターコミックス)* 定価:330円

 


△『マンガ図書館Z - 無料で漫画が全巻読み放題!』で全話無料で読めます

『カッテ!RPG!!』マンガ図書館Zで全話無料で公開されています。

ゲーム店で売れないゲーム擬人化キャラ達が日夜奮闘する4コマ漫画。
ゲーマーなら思わずクスッと笑ってしまう懐かしネタが盛りだくさん!

『カッテ!RPG!!』をマンガ図書館Zで無料で読む。

 

 


・明日のなでしこ 【定価:0円】

*明日のなでしこ* 定価:0円
 
 
 

・やっと、オレ野球辞められそうだよ (東京ネームタンク) 【定価:110円】

*やっと、オレ野球辞められそうだよ (東京ネームタンク)* 定価:110円

 

 


・ソード~暁のブレイドハート~ (東京ネームタンク) 【定価:110円】

*ソード~暁のブレイドハート~ (東京ネームタンク)* 定価:110円

 

 


・仔猫色のパン屋さん 【定価:0円】

*仔猫色のパン屋さん* 定価:0円

 

 

 


#この記事のQRコード

QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

 


スポンサーリンク


 

 

他の将棋記事

Comments are closed.