幻の入玉戦法「間宮久夢流」 1940年代にプロ棋士 間宮純一六段が考案した「敵陣へ入玉する事を狙った戦法」。それが『間宮久夢流』だ。▲4七玉型の三段玉を作り、そこから引き角棒金+棒銀+棒玉で敵陣へ入玉する事が狙いだ。当時の将棋雑誌でもほとんど紹介されず、正に誰も知らないマイナー戦法だったが、ついに当ブログが…最強の入玉戦法「間宮久夢流」を解説!

広告

マイナー戦法幻の入玉戦法「間宮久夢流」誰も知らないマイナー戦法シリーズ

【第2回 誰も知らないマイナー戦法】70年前の幻の入玉戦法!「間宮久夢流」【記事一覧】

      【「誰も知らないマイナー戦法」 全記事一覧へ移動する。】 【第1回】伝説の囲い『▲7八金型天守閣囲い』記事一覧へ移動する。> ◆【第2回 誰も知らないマイナー戦法】70年前の幻の […]

Read More

マイナー戦法幻の入玉戦法「間宮久夢流」誰も知らないマイナー戦法シリーズ

【第2回 誰も知らないマイナー戦法】三段玉の右玉で入玉!「間宮久夢流」Part2 中終盤編

      《「誰も知らないマイナー戦法」 全記事一覧へ移動する。》 【間宮久夢流 記事一覧へ移動する。】 Part1の記事へ移動する。> ◆【第2回 誰も知らないマイナー戦法】三段玉の右玉 […]

Read More

マイナー戦法幻の入玉戦法「間宮久夢流」誰も知らないマイナー戦法シリーズ

【第2回 誰も知らないマイナー戦法】70年前の幻の入玉戦法!「間宮久夢流」振り飛車型 Part1 駒組み編

      【第1回】伝説の囲い『▲7八金型天守閣囲い』記事一覧へ移動する。> <Part2の記事へ移動する。 ◆【第2回 誰も知らないマイナー戦法】70年前の幻の入玉戦法「間宮久夢流」Pa […]

Read More