【将棋初心者用】「居飛車の基本を学ぼう!」対振り飛車&相矢倉の基本『居飛車党養成講座』セット


◆居飛車の基本を勉強!『居飛車党養成講座』とは?

将棋を始めたばかりだけど、居飛車党になってみたい!と思う方は沢山いると思います。

ですが「将棋を始めたらみんなが振り飛車を勧めてきて、居飛車の事は教えてくれなかった。」という初心者の悩みはよく聞きます。

実際居飛車の序盤の駒組みは相当難しく、初心者に一手一手の意味を教えるのは大変な仕事なのです。(教える側としても、振り飛車を教える方が格段に楽。)

それでも「居飛車を覚えてみたい!」「 プロでよく指される居飛車の一手一手の意味を理解したい!」と言う方のために「居飛車の序盤の駒組みをわかりやすく解説したkifファイル」を作ってみました。

 

この「居飛車党養成講座」を読めば、居飛車と振り飛車のどちらを相手にしても、自分は居飛車を持って対抗できる知識を身につける事ができます。

「対振り飛車編」「対居飛車編」の駒組みの解説をしてますので、実戦ですぐ必要になる戦型の基本をバッチリ押さえる事ができます。

居飛車党を目指す初心者の方がこれを読んで、居飛車の事を理解して頂ければ幸いです。
振り飛車党の方も、居飛車側が一手一手にどのような意味を持って駒組みをしているかがわかるので、どちらの視点でも参考になる棋譜集です。

 

 


◆『居飛車党養成講座』kifファイルダウンロード

▽『居飛車党養成講座』解説付きkif、zipファイル ダウンロード▽

ZIPダウンロードボタン
↑クリックで『居飛車党養成講座』をZIPダウンロード。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
マイナー将棋ブログ 作『居飛車党養成講座.zip』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。
http://minorshogi.com/static-rook-teach-kif/にある作品に基づいている。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示用 HTMLコード(コピーペーストしてお使いください。)
<a rel="license" href="http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/"><img alt="クリエイティブ・コモンズ・ライセンス" style="border-width:0" src="https://i.creativecommons.org/l/by/4.0/88x31.png" /></a><br /><a xmlns:cc="http://creativecommons.org/ns#" href="http://minorshogi.com/" property="cc:attributionName" rel="cc:attributionURL">マイナー将棋ブログ</a> 作『<span xmlns:dct="http://purl.org/dc/terms/" href="http://purl.org/dc/dcmitype/Dataset" property="dct:title" rel="dct:type">居飛車党養成講座.zip</span>』は<a rel="license" href="http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/">クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンス</a>で提供されています。<br /><a xmlns:dct="http://purl.org/dc/terms/" href="http://minorshogi.com/static-rook-teach-kif/" rel="dct:source">http://minorshogi.com/static-rook-teach-kif/</a>にある作品に基づいている。

 

▼kifファイルの再生方法▼
ダウンロードしたkifファイルは「柿木の将棋ソフトウェア」のフリーソフト「kifu for windows」でパソコン上で再生する事ができます。

Androidの方はKifu for Android(無料版)」で再生する事ができます。
「Kifu for Android Pro(有料版)」を使うと、PC版用のコメント付kifが文字化けせずに読めるようになります。

iPhoneの方は『kifu for iPone』で再生する事ができます。

 


◇ファイルの中身

●第1部「対振り飛車編」

第1部「対振り飛車編」では、下の対振り飛車基本図に組むまでの手順と意味を一手一手解説しています。

【対振り飛車基本図は18手目△3二銀まで
ここに組むまでの一手一手を丁寧に解説。

その後、上の対振り飛車基本図に組んだ後、急戦・持久戦の基本思想を丁寧に紹介。

何故居飛車は対振り飛車基本図の形に組むのか?
基本の形に組んだ後は、どういった考えで戦法を選んでいるのか?
どうして急戦を狙う場合「5七銀左戦法」が指されるのか?
対振り飛車で「矢倉囲い」は駄目と言われる理由はどうしてなのか?

と言う事を一手一手変化手順を使って、全8章を使い解説しています。

 

第1部を読めば、対振り飛車で「急戦を指す場合の囲いと攻めの狙い筋」「持久戦とは相手の陣形を組み進めても、相手に有効な手がない場合に狙う」と言った基本思想がわかります。

 

●第2部「相居飛車編」

下の相矢倉基本図のような「矢倉囲い」の形に組むまでの解説をしています。
何故「矢倉囲い」に組むのか? そもそも「矢倉囲い」は後手の何の攻めを受けるために生まれたのか? と言った大事な思想が学べます。

【相矢倉基本図は23手目▲3六歩まで】
ここに組むまで七章分の基礎知識が必要。

あえて「横歩取り戦法」「角換わり戦法」の解説を省いて、「相矢倉戦法」に絞った解説をそています。
将棋の基礎である「玉を堅く囲ってから攻める」と言う思想を学べるのが「相矢倉戦法」だからです。

「矢倉囲い」が優秀な所。 「矢倉早囲い」とは何なのか?
「矢倉囲い」での原始棒銀の受け方。 何故「矢倉囲いで端歩を突いてはいけない」と言われているのか?

これらの事に絞り、全11章を使い詳しく解説しています。

対象棋力は初心者を想定しているのいで、あまり難しい内容は書いていないので、気軽に読んで理解できる内容です。

 

 

※注意。 この棋譜ファイルは、有段者の方は読まないでください。
・将棋初心者にわかりやすく説明するため、意図的に相手に緩手を指させたり、難しい変化の説明を省いている所が多々あります。

・相居飛車の解説は「横歩取り戦法」や「角換わり戦法」の解説は削っています。(解説量が多すぎて、覚え切れないため。) 解説は「相矢倉戦」に絞り、「矢倉囲い」に組むまでの組み方を丁寧に解説しています。

この「居飛車党養成講座」を読み終えたら、本格的な定跡を定跡書などで勉強していくと良いでしょう。
居飛車定跡への理解力が一気に深まり、定跡書を読み解ける序盤力になっていると思います。

 

 


『居飛車党養成講座』ためし読み

英語名:Static rook teach

 

 


#この記事のQRコード

QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。


 

Comments are closed.