破門級の悪手で勝率6割!? 謎の戦法 対石田流「xaby角戦法」Part1 ~筋違い角棒銀型~


◆始まりは2009年 GAVAさんが指した戦法。

私は石田流三間飛車をずっと愛用しています。

そんな私が2009年の夏、友人のGAVAさん(GAVA角戦法の考案者)に指された妙な新戦法がありました。
その対局の結果は、石田流を使った私の負け。

 

・・・ですが、その妙な戦法はどう見ても悪手で、指された瞬間は石田流側が有利としか思えませんでした。
よって深く研究も検討もせず次の対局へ行き、またその戦法を指されて苦戦するという、研究好きの私にしては珍しい事でした。

 

ですが、その後も一度も勝てなかった戦法という事で、2009年の9月に私はこのブログに「謎の戦法 対石田流 腰掛け角戦法」と言う名で、この戦法の記事を掲載しました。(その記事をリライトしたのが本記事です。)

 

そして、その記事を書いた数ヶ月後の2010年、ある男を苦しめる流行戦法になるとは、当事の私も思ってもみませんでした。

さらに2019年には、電子書籍まで出版される事になるなんて・・・。

それが今回紹介する新戦法です。

 

 

その名も・・・。

 

 

 

「xaby角戦法」(ハイライト図)

 

【ハイライト図は6手目△5四角まで】
これがxaby角。先手有利と思いたくなる。

石田流使いを居飛車に限定するためだけの角打ち。
この角が石田流使いを苦しめる角だとは、2009年には誰も気がついていなかったのです。
2010年、ある男が犠牲になるまでは・・・。

 

 


◇何故「xaby角」という名前? 2010年に「ニコニコ生放送」でブームに。

この戦法はGAVAさんが考案者なのに、何故「xaby角」と呼ばれているのでしょうか?

それは2010年「ニコニコ生放送」将棋対局の実況中継をしていた、xaby(ザビー)さんと言う方が犠牲者となったからです。

xabyさん石田流一本槍の将棋でした。
棋力も将棋倶楽部24上級の実力があり、その石田流のキレは相当の物だったそうです。
石田流一本で強くなった将棋で、視聴者との対局生放送をよく配信していたみたいです。

2010年の1月、事件は起こりました。
視聴者相手に石田流を使いこなし、それなりに勝ち星を稼いでいたxabyさん。
そこに「ある戦法」引っさげた対局者が現れたのです。

では初手からxabyさんが実戦で遭遇した「ある戦法」の局面まで進めてみましょう!

 

・初手からの指し手

▲7六歩 △3四歩   ▲7五歩 △8八角成

▲同銀    △5四角!(再掲載 ハイライト図)

【再掲載 ハイライト図は6手目△5四角まで】
2010年1月。xabyさんに炸裂した角!

▲7六歩~▲7五歩石田流宣言に、△8八角成~△5四角!
石田流使いを居飛車に限定させるためだけの、一目損な角打ちです。

ですが、この角を打たれたxabyさんは非常に困ったそうです。
居飛車をほとんど指した事がないxabyさんには、次の一手すらわからない霧の中なのですから。

対局の結果は△5四角を打った対局者の勝利!
その一局で勝った事がキッカケとなり、この△5四角その後30局以上もxabyさん相手に指される事になったのでした。

結果はなんと、石田流使いのxabyさんが負け越してしまったのでした。
そこからこの戦法は「xabyさんを殺す角」
通称「xaby角戦法」とニコニコ生放送で呼ばれるようになりました。

将棋界でも初めてじゃないでしょうか、被害者の名前が戦法名になるなんて・・・。

 

 


△2019年3月に「xaby角戦法」の本が出版された!

それから9年後2019年3月。
「ニコニコ生放送」で将棋実況をしているレベル8さんが早石田封じ xaby角戦法!』と言う本を出版!

レベル8さんは、2010年xaby角ブームに参加していた一人でもあり、この戦法の背景をよく知っている方です。

そのレベル8さんが、この戦法を研究して電子書籍・製本版を出版しました。

 

*早石田封じ xaby角戦法!* 定価:270円

著:Level8 イラスト:やくもせん 2019年3月発売。全69ページ。 石田流三間飛車の出だし▲7六歩△3四歩▲7五歩に△8八角成▲同銀に”△5四角”・・・!?以下石田流相手に棒銀が炸裂! 「破門級の悪手」で歯車を乱す!苦手意識がゼロになる、裏技を公開! 2010年1月、ニコニコ生放送の将棋生放送主xabyさんが30局以上も犠牲になった事から「xabyさんを殺す角『xaby角戦法』」と呼ばれる。 「ネット将棋で指してみたら勝率61%だった。(某アプリの三段)」とLevel8さんが著書の中で話す。 『xaby角戦法』の真な狙いは「石田流相手の棒銀」を炸裂させる事! 意外と勝てる早石田破り『xaby角戦法』を初めて解説した本書は、石田流に困るあなたに必読の一冊! さらにxaby角に対する最善の駒組み「▲4五歩位取り」を解説。xaby角に困っている石田党の方も手に取っていただけると幸いです。 ※電子書籍だけでなく、製本直送.comから紙の本を製本して買う事も可能です。

『早石田封じ xaby角戦法!』の商品レビューを読む。

レベル8さんの著書より、「xaby角戦法」の評価で印象に残っているページを紹介します。


『早石田封じ xaby角戦法』P48より。(画像をクリックすると拡大表示できます。)

レベル8さんの著書『早石田封じ xaby角戦法』の中で「勝率61%意外と勝てるxaby角」「同棋力帯で6割勝てるという事実は、エース戦法にしても良いと思わせる数字ではないでしょうか。」と上々の評価を下しています。

 

さらにレベル8さんが某アプリで「xaby角戦法」を指した結果、三段の棋力帯で勝率61%だったそうです。
まさかの6割超えという結果で、戦法としての優秀性はあるようです。

やはり信じられませんね、打った瞬間は悪手なのに・・・。

 

 

レベル8さんは、他にも将棋電子書籍を多く出版しており「横歩取り△3四飛戦法」「角換わり筋違い角戦法」などのマイナー戦法本も出版しています。

他にレベル8さんが出版した全書籍は、こちらの記事に書いてあります。


◎関連記事 ⇒ 将棋戦法界の裏世界「Amazon Kindle セルフ出版 電子書籍」 現在売っている本一覧 (2019年)


是非寄っていってください。

この本の影響で、さらにネット界で「xaby角戦法」が指される事になるのでしょうか・・・?
石田流使いの私にとっては、恐ろしい光景でしかありませんね。(笑)

 

 



◆(初手から)「xaby角戦法」の紹介。 △5四角を打たれたら石田流を諦めるしかない!

前置きが長くなりましたが、そろそろ「xaby角戦法」を紹介しましょう。

この"破門級"の戦法「xaby角戦法」勝率61%を誇る手順は何なのか?

皆さんも気になってきた事でしょう?

 

では「xaby角戦法」の世界をとくとご覧あれ・・・。

・初手からの指し手

▲7六歩 △3四歩   ▲7五歩 △8八角成

▲同銀    △5四角!(第1図)

【第1図は6手目△5四角まで】
骨子の角。先手はもう飛車を振れない。

先手石田流▲7六歩~▲7五歩に対し、角交換をして△5四角!
この記事3度目の登場で見飽きたと思いますが、この戦法の骨子の角打ちです。

結論から言うと、この△5四角を打たれた先手はもう飛車を振る事はできません。
将来▲7六飛と構えようにも、△5四角が7六地点に利いているので物理的に無理なのです。

さらに飛車を振るには2七地点を守らねばならず、そのためには▲3八銀と上がるしかなく、銀が邪魔で左辺に飛車を振れません。

よってこの時点で、先手は石田流を諦めるしかないのです。

 

★「xaby角戦法」のポイント1

△5四角と打った時点で、先手は飛車を振る事ができない。

 


◇(6手目)後手の狙いは何? 大事なポイントは△8四歩~△8五歩!

しかし後手は△5四角を打っただけでは、先手に飛車を振らせないためだけの悪手。
ここから先手を苦しめるためには、後手は△5四角を生かす具体的な構想が必要です。

そう、この△5四角を生かす秀逸な構想が後手にあるのです。
読んでいる皆さんは、この△5四角を生かす手順が浮かびますか?

再掲載 第1図から、その手順を紹介しましょう。

【再掲載 第1図は6手目△5四角まで】
ここから△5四角を生かすには?

・再掲載 第1図からの指し手

▲7八金 △2二銀 ▲7七銀 △8四歩

▲2六歩 △8五歩 ▲2五歩 △3三銀(第2図)

【第2図は14手目△3三銀まで】
ポイントは△8四歩~△8五歩を急ぐ。

後手の△2二銀は、次の▲7四歩△同歩▲5五角を防いだもの。(▲7四歩△6二銀を用意。)

ここまでの後手の大事なポイントは△8四歩~△8五歩を急ぐ事です。
飛車先を△8五歩まで突く事で、先手の銀を▲7七銀と釘付けにするのが狙いです。
こうする事で、先手の8七地点が一枚薄くなります。

そうなのです。 後手は8七地点を狙うのが、△5四角を生かす構想なのです。

 

★「xaby角戦法」のポイント2

△8四歩~△8五歩と伸ばし、先手の銀を▲7七銀型に固定。

 


◇(14手目)後手の狙いは8七地点! 飛角の次に8七に持っていく駒は?

では再掲載 第2図から、解説を進めます。
8七地点を狙うため、後手はどの駒を8七に持っていけばいいのでしょうか?

【再掲載 第2図は14手目△3三銀まで】
後手は飛角で8七地点を狙っている。次は?

・再掲載 第2図からの指し手

▲4八銀 △7二銀 ▲6八玉 △8三銀!

▲5六歩 (第3図)

【第3図は19手目▲5六歩まで】
8七地点に持っていく駒は"銀"。

第3図を見てください。
飛角が8七地点を狙っており、後手の大駒の働きは悪くありません。
実は打った△5四角が使いやすい位置なのが「xaby角戦法」意外な盲点。
「角を手放したから後手悪い」と思っていると、先手は痛い目を見る事になります。

そこに△7二銀~8三銀~△8四銀~△9五銀銀で8七地点を狙えば・・・?
後はもうお分かりですね。
「筋違い角棒銀で8筋突破!」「xaby角戦法」の第二の狙いなのです。

 

対する先手は▲4八銀~▲6八玉と、わからないなりに居飛車の駒組みを進めます。
ここで▲5六歩(再掲載 第3図)が狙いのある一手。

【再掲載 第3図は19手目▲5六歩まで】
次の▲5五歩で角の場所を変える狙い。

次に▲5五歩から角を追う狙いです。
この▲5五歩に対応を誤ると、後手の棒銀は失敗します。

 

 


◇(変化19手目)角の逃げ道を忘れると棒銀失敗!

先手の次の狙いは▲5五歩 △6五角▲6六銀と角の位置を変える狙いです。
仮に再掲載 第3図△8四銀(変化A図)と指すとどうなるのでしょうか?

【変化A図は20手目△8四銀まで】
ここで△8四銀だと何が不味いのか?

・変化A図からの指し手

▲5五歩 △6五角 ▲6六銀 △9二角

▲9六歩 (変化A失敗図)

【変化A失敗図は25手目▲9六歩まで】
角が辺境に。棒銀の攻めができず失敗。

△8四銀と上がると、▲5五歩~▲6六銀角を9筋に追われてしまいます。
そして後手の△9五銀を封じる▲9六歩変化A失敗図になります。

こうなると後手の角は4七地点にしか利いておらず、8七地点を狙えない働きの悪い角になっていますね。
後手は△8四銀を使った攻めが難しく、飛車角銀を使う目処が立ちません。
変化A失敗図は後手が攻める事ができず、後手不利です。

 

 


◇(19手目)角の逃げ道を作る△4四歩が最善! 8七地点に角を利かせるのが要!

では再掲載 第3図の最善手はなんなのでしょうか?

【再掲載 第3図 は19手目▲5六歩まで】
角の利きを8七に固定する次の一手は?

ここで後手の最善手は何なのでしょうか?
後手の角が8七地点に利いたままになっていれば良いのです。
ここまで言えば、もうお分かりでしょう。

【再掲載 第3図 は19手目▲5六歩まで】
▲5六歩に対して指すべき手は一つ。

・再掲載 第3図からの指し手

△4四歩(第4図)

【第4図は20手目△4四歩まで】
これで次に△4三角でも8七に利く。

次の一手は、8七地点に角を利かせたまま逃げ道を作る△4四歩(第4図)です。

指されてみれば簡単で、次に△4三角と逃げても角が8七地点に利いています。
「角を追う▲5六歩には、角の逃げ道を作る△4四歩。」と覚えておいてください。

 

★「xaby角戦法」のポイント3

・角を追う▲5六歩には、角の逃げ道を作る△4四歩。

 


◇(20手目)角の逃げ道を作った後は△8四銀~△9五銀と棒銀を送るだけ!

では再掲載 第4図以下の手順を進めましょう。

【再掲載 第4図は20手目△4四歩まで】
角の逃げ道を作った。もう後手は攻めるだけ。

・再掲載 第4図からの指し手

▲5五歩     △4三角 ▲5七銀 △8四銀

▲6六銀右 △9五銀(第5図)

【第5図は26手目△9五銀まで】
飛角銀が8七を狙う。△8六歩が強烈。

先手は▲5五歩と角を追いますが、△4三角と逃げれば何の問題もありません。

以下後手は△8四銀と出て、次に△7五銀と歩得を狙います。
先手も▲7五歩を守るために▲6六銀右と出ます。
このあたりは後手が手番を握っていますね。

そして△9五銀と出た再掲載 第5図は、次の△8六歩の8筋突破が強烈後手有利です。

【再掲載 第5図は26手目△9五銀まで】
飛角銀の三枚が8筋を狙っている。後手有利。

駒の利きをわかりやすくため、色を塗りました。

よくご覧ください、後手の飛角銀が綺麗に8筋を狙っていますよね?
特に△4三角のサポートが大きく、先手は8筋を受ける事ができません。

 

★「xaby角戦法」のポイント4

△8三銀~△8四銀~△9五銀筋違い角棒銀8七地点を飛角銀で狙う。

これで後手有利と打ち切っていいのですが、もう少し手を進めて終わりましょう。
ここから「xaby角戦法」が綺麗に炸裂します。

 

 


◇(26手目)「xaby角戦法」の狙いは筋違い角棒銀! 飛角銀が炸裂!

【再掲載 第5図は26手目△9五銀まで】
本当に△8六歩で8筋突破はできるのか?

・再掲載 第5図からの指し手

▲9六歩 △8六歩 ▲同歩    △同銀

▲同銀     △同飛    ▲8七歩(第6図)

【第6図は33手目▲8七歩まで】
8筋を受けた▲8七歩だが・・・。

第5図から先手は▲9六歩と突いても△8六歩で棒銀が決まります。(以下▲9五歩なら△8七歩成8筋突破成功。)
よって△8六歩には▲8六同歩から8筋を清算して、▲8七歩と受けたのが第6図。

ここの次の一手で「xaby角戦法」が炸裂します。

 

さぁ皆さん決め手をどうぞ!(再掲載 第6図)

【再掲載 第6図は33手目▲8七歩まで】
xaby角の決め手が炸裂!

・再掲載 第6図からの指し手

△同角成! ▲同金 △同飛成(結果図)

【結果図は36手目△同飛成まで】
角を捨てて8筋を突破。xaby角優勢!

第6図から△同角成角を切り捨ててしまうのが決め手です。
これは筋違い角棒銀で頻出する攻め筋。

この攻めのため、序盤に△5四角と手放したのですから。
結果図となれば、飛車を8筋に成り込んだ「xaby角戦法」後手優勢です。

しかも先手は"普段指しなれない居飛車を持った石田流党"なのです。
以下慣れない形で最善の対応は難しく、短手数でこの将棋は終わってしまうでしょう。

 

 



◆対石田流「xaby角戦法」Part1 筋違い角棒銀型 まとめ

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
今回は「xaby角戦法」と名付けられた由来と、「xaby角戦法」の基本的な狙い筋を紹介しました。

元々はGAVAさんが考案した戦法ですが、何かの経緯でxabyさんの視聴者へと伝わったのでしょう。(このブログの記事で知ったなら嬉しいです!)
考案者も大した方だと思いますが、この戦法をxabyさんへ使った視聴者の方も相当勇気のある方だと思います。
こんな角を打って勝てるとは、誰も思いませんから。

今後も「xaby角戦法」の解説を続けていきますが、果たしてこの戦法が広まるのでしょうか?
書籍化された今、次にこの戦法を広めるのは・・・読者のあなたです。

 

では最後に今回紹介した「xaby角戦法」筋違い角棒銀型 のポイントをおさらいして終わります。

●「xaby角戦法」筋違い角棒銀型 まとめ

1.▲7六歩~▲7五歩△8八角成~△5四角(再掲載 第1図)で飛車を振らせないのが骨子!

    【再掲載 第1図は6手目△5四角まで】    
   これで飛車を振らせず、経験の差で優位に。   

 

2.△8四歩~△8五歩(再掲載 第2図)と伸ばし、先手を▲7七銀型に固定する。

   【再掲載 第2図は14手目△3三銀まで】   
   先手を▲7七銀型に固定。8七地点を狙う。   

 

3.角を追う▲5六歩には、角の逃げ道を作る△4四歩。(再掲載 第4図)

   【再掲載 第4図は20手目△4四歩まで】   
  ▲5五歩には△4三角。8七地点を狙う。  

 

4.△8三銀~△8四銀~△9五銀筋違い角棒銀で8七地点を飛角銀で狙え!(再掲載 第5図)

   【再掲載 第5図は26手目△9五銀まで】   
    飛角銀の三枚で8七を狙って棒銀突破!   

 


◆次回予告! いきなり▲7四歩~▲5五角の変化は大丈夫?

【第1図は6手目△5四角まで】
今回は▲7八金から相居飛車の展開を紹介した。

第1図△5四角に対し▲7八金以下相居飛車の持久戦にしたのが、今回紹介した内容でした。
持久戦模様の相居飛車には、筋違い角棒銀「xaby角戦法」優勢でした。

 

ですがこの第1図気になる手があります。

それが第1図▲7四歩(次回予告図)と言う手です。

【次回予告図は7手目▲7四歩まで】
△7四同歩には▲5五角が狙いだが?】

この▲7四歩一目指したくなる手ですが、どうなるのでしょうか?

 

 

次回!『破門級の悪手で勝率6割!? 謎の戦法 対石田流「xaby角戦法」Part2』お楽しみに!

 

 

「お前ほど単純だと だますオレも気分がいいよ」『早石田封じ xaby角戦法!』P16より。

 

 


◇次回の記事



 

 


◆今回の記事の棋譜再生&kifファイルダウンロード

この記事で解説した棋譜を動かして再生できます。

棋譜 再生
クリックで棋譜再生。

 

さらに今回解説した記事を「解説付きkifファイル」でダウンロードできます。

▽解説付きkif、zipファイル ダウンロード▽

KIFダウンロードボタン
↑クリックでKIFダウンロード。(右クリックで保存)

ZIPダウンロードボタン
↑クリックでZIPダウンロード。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
マイナー将棋ブログ 作『破門級の悪手で勝率6割!? 謎の戦法 対石田流「xaby角戦法」Part1 ~筋違い角棒銀型~.kif』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。
http://minorshogi.com/ishida-style-xabyb-part1/にある作品に基づいている。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示用 HTMLコード(コピーペーストしてお使いください。)
<a rel="license" href="http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/"><img alt="クリエイティブ・コモンズ・ライセンス" style="border-width:0" src="https://i.creativecommons.org/l/by/4.0/88x31.png" /></a><br /><a xmlns:cc="http://creativecommons.org/ns#" href="http://minorshogi.com/" property="cc:attributionName" rel="cc:attributionURL">マイナー将棋ブログ</a> 作『<span xmlns:dct="http://purl.org/dc/terms/" href="http://purl.org/dc/dcmitype/Dataset" property="dct:title" rel="dct:type">破門級の悪手で勝率6割!? 謎の戦法 対石田流「xaby角戦法」Part1 ~筋違い角棒銀型~.kif</span>』は<a rel="license" href="http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/">クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンス</a>で提供されています。<br /><a xmlns:dct="http://purl.org/dc/terms/" href="http://minorshogi.com/ishida-style-xabyb-part1/" rel="dct:source">http://minorshogi.com/ishida-style-xabyb-part1/</a>にある作品に基づいている。

 

▼kifファイルの再生方法。
ダウンロードしたkifファイルは「柿木の将棋ソフトウェア」のフリーソフト「kifu for windows」でパソコン上で再生する事ができます。

Androidの方はKifu for Android(無料版)」で再生する事ができます。
「Kifu for Android Pro(有料版)」を使うと、PC版用のコメント付kifが文字化けせずに読めるようになります。

iPhoneの方は『kifu for iPone』で再生する事ができます。

 


▽関連商品

*早石田封じ xaby角戦法!* 定価:275円

著:Level8 イラスト:やくもせん 2019年3月発売。全69ページ。 石田流三間飛車の出だし▲7六歩△3四歩▲7五歩に△8八角成▲同銀に”△5四角”・・・!?以下石田流相手に棒銀が炸裂! 「破門級の悪手」で歯車を乱す!苦手意識がゼロになる、裏技を公開! 2010年1月、ニコニコ生放送の将棋生放送主xabyさんが30局以上も犠牲になった事から「xabyさんを殺す角『xaby角戦法』」と呼ばれる。 「ネット将棋で指してみたら勝率61%だった。(某アプリの三段)」とLevel8さんが著書の中で話す。 『xaby角戦法』の真な狙いは「石田流相手の棒銀」を炸裂させる事! 意外と勝てる早石田破り『xaby角戦法』を初めて解説した本書は、石田流に困るあなたに必読の一冊! さらにxaby角に対する最善の駒組み「▲4五歩位取り」を解説。xaby角に困っている石田党の方も手に取っていただけると幸いです。 ※電子書籍だけでなく、製本直送.comから紙の本を製本して買う事も可能です。

『早石田封じ xaby角戦法!』の商品レビューを読む。

 


#この記事のQRコード

QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。


 

Comments are closed.