西村一義九段著『やさしい詰物二百題』の紹介(出版:将棋天国社)


◆西村一義九段著『やさしい詰物二百題』とは?

この『やさしい詰物二百題』は将棋天国社、西村一義先生から許可を頂いて掲載しています。

今回、将棋天国社の本の掲載許可を頂いたので、西村一義先生の著書『やさしい詰物二百題』(1995年6月30日出版)を掲載していきます。

 

『やさしい詰物二百題』は将棋天国社から出版された、ちょっと変わった詰将棋本です。

 

 


◇『やさしい詰物二百題』は異色作!? 初級者にも解ける5手詰以上の作品集&手数表示がない異色の本。

一体何がどう変わっているのか?


この本を一言で表すと「5手詰~11手詰を集めた初級者向けの詰将棋本」です。
5手以上なのに初級者向け? どういうこっちゃ? ちょっと不思議に思うでしょう。

この本はプロ棋士の西村一義先生が「難易度を低く作り、アマチュア初級者の方にも楽しめる5手以上の詰将棋」と言うテーマで書いた本です。

 

 

さらにこの本、もう一つ変わった所があります。

 

 

「何手詰」かの詰手数表示がないのです。

恐らく作者の西村一義先生の意図は「実戦では誰も詰手数を教えてくれない。これは5手? いや7手詰か、9手詰か? はたまた11手か? 手数も含めて、自分の力で読み切って解答しよう。」と言う事なのだと思います。

今回はこの異色作『やさしい詰物二百題』の問題を1問づつ掲載していきたいと思います。

5手詰が解けない将棋初心者の皆さん、7手詰ぐらいなら何とか解けると言う中級者の皆さん、9手ぐらいなら軽い上級者、みんなが楽しめる『やさしい詰物語二百題』を読んでいきましょう。

 

 


△西村一義先生が語る将棋界のエピソード『将棋よもやま話』も付属。

さらにこの本は問題と一緒に西村一義先生が語る将棋界のエピソード『将棋よもやま話』も付属しています。(下記参照。)

問題と一緒に掲載しますので、どうぞ皆さんお楽しみください。


付・将棋よもやま話(画像をクリックすると拡大表示できます。)
木村義雄十四世名人の対局で、打ち下ろした駒が盤から離れなくて困ったという話がある。
凄まじい名人の闘志が伝わってくる。

 

ではさっそく第1題へ行きましょう。
一問目は一体何手詰なのでしょうか?

 

 


◆次回『やさしい詰物二百題』第1題



 

 


#この記事のQRコード


QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。


 

Comments are closed.