Twitter(ツイッター)、instagram(インスタグラム)に掲載した自作詰将棋 双玉1手詰&前問の解答(2019年8月18日)


◆Twitter(ツイッター)、instagram(インスタグラム)に掲載した自作詰将棋 双玉1手詰&前問の解答(2019年8月18日)

当ブログがinstagram(インスタグラム)で掲載した自作詰将棋をまとめておきます。
Twitter ID:@Maina_ShogiBlog
instagram:mizuki_shogi

 


当ブログが今まで掲載した自作詰将棋の一覧はこちら。(1手詰以外もあります。)
●マイナー将棋ブログ作 自作詰将棋一覧 ←クリックでリンク先へ飛ぶ。


当ブログが2019年5月14日~8月31日に作った詰将棋、双玉1手詰全38問をまとめたページはこちら。 Part3にkifファイルのダウンロードページもあります。

●マイナー将棋ブログ作「双玉詰将棋1手詰」 全38問一覧 Part1 難易度簡単!初心者向け ←クリックでリンク先へ飛ぶ。


 

 


◆2019年 8月18日掲載「双玉1手詰

【問題図 双玉1手詰】
4四に逃げられないようにするには?

・作者の一言(マイナー将棋ブログ)
風船図式と言うものを知ってから、風船らしい形を考えた末にできた詰将棋。
難易度はあまり高くなく、形だけが先行した作品。

 

 

答えは次回の問題の記事に掲載します。

(下にスクロールすると前回の2019年8月17日の問題の答えがあります。)

 

 


◆前回の答え(2019年 8月17日掲載)



【問題図 双玉1手詰】
当然ながら詰む手は一つだけ。

・問題図からの指し手

▲6八龍(詰め上がり図)

【詰め上がり図は▲6八龍まで】
ここが唯一詰む龍の場所。

相手の玉を9八・7九に逃がさない、一間龍の▲6八龍(詰め上がり図)が正解!
問題図▲6八龍以外の手だと逆王手で逃げられて失敗します。

 

最後に再掲載 問題図での失敗手順の紹介。

【再掲載 問題図 双玉1手詰】
▲6八龍以外の手だと?

1.再掲載 問題図▲5八龍・▲4八龍△7九玉(失敗A図)逆王手で失敗。

2.再掲載 問題図▲7七龍△9八玉(失敗B図)で詰まない。

【失敗A図は△7九玉まで】
この手が逆王手。▲7八龍とできない。

 

【失敗B図は△9八玉まで】
逃げられて続かない。

よって問題図で▲6八龍以外の手は不正解です。

6六の駒が玉なので、初手▲7七龍という手が生じたのが面白かった作品。
玉を配置するだけで、初手の紛れが増えるのが双玉の魅力なのかもしれません。

 

 


◆次回の問題(2019年 8月19日掲載)



※皆様からの詰将棋の投稿、お待ちしております。
ブログのメールフォーム、TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)から、詰将棋を送っていただければ掲載するかもしれません。

マイナー将棋ブログ お問い合わせメールフォーム ←クリックでリンク先へ飛ぶ。

Twitter ID:@Maina_ShogiBlog

 

 


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表記(2019年  8月18日掲載「双玉1手詰」)

今回掲載した当ブログ作成の詰将棋を「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表記」しておきます。
「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表記」のルールを守って頂ければ、この詰将棋はご自由に使って頂いて構いません。

【2019年8月18日掲載 双玉1手詰】
CCライセンス表記(CC BY 4.0)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
マイナー将棋ブログ 作『2019年8月18日掲載 双玉1手詰』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。
http://minorshogi.com/http-minorshogi-com-20190818-1move-problem/にある作品に基づいている。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示用 HTMLコード(コピーペーストしてお使いください。)
<a rel="license" href="http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/"><img alt="クリエイティブ・コモンズ・ライセンス" style="border-width:0" src="https://i.creativecommons.org/l/by/4.0/88x31.png" /></a><br /><a xmlns:cc="http://creativecommons.org/ns#" href="http://minorshogi.com/" property="cc:attributionName" rel="cc:attributionURL">マイナー将棋ブログ</a> 作『<span xmlns:dct="http://purl.org/dc/terms/" href="http://purl.org/dc/dcmitype/StillImage" property="dct:title" rel="dct:type">2019年8月18日掲載 双玉1手詰</span>』は<a rel="license" href="http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/">クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンス</a>で提供されています。<br /><a xmlns:dct="http://purl.org/dc/terms/" href="http://minorshogi.com/http-minorshogi-com-20190818-1move-problem/" rel="dct:source">http://minorshogi.com/http-minorshogi-com-20190818-1move-problem/</a>にある作品に基づいている。

 

 


▽関連商品

*詰め将棋ドリル 1手詰入門編 (チャレンジシリーズ)* 定価:838円

著:森 信雄 2011年9月23日発売。 1手詰を沢山解きたい!でも難易度が高い物はまだ早い・・・。 そこで詰将棋の名手、森信雄先生が1手詰を300問収録した本作の登場です。 浦野真彦先生の『1手詰ハンドブック』同様「駒別の1手詰の紹介」をテーマにした本ですが、本書の大きな特徴は「微妙な形の違いで全く別の詰み筋が登場する」と言う所です。 「前問と駒の位置が一路違うだけで全く別の答えになる。」この出題テクニックで、同じような問題でも油断できない難易度となっています。 右ページ例題1問、左ページに応用問題3問、と言う特徴的なレイアウトのおかげで4問連続チャレンジできるテンポの良い一冊。『1手詰ハンドブック』よりも派手な手筋の問題が多く、1手詰に少し慣れてきた方のステップアップの一冊です。 全ページ数も計P160とコンパクトで持ち運びやすい、外でも楽しめる1手詰入門書です。

『詰め将棋ドリル 1手詰入門編 (チャレンジシリーズ)』の商品レビューを読む。

 


#この記事のQRコード


QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。


 

Comments are closed.