Twitter(ツイッター)、instagram(インスタグラム)に掲載した自作詰将棋 双玉3手詰(2019年12月26日)

 



 

◆Twitter(ツイッター)、instagram(インスタグラム)に掲載した自作詰将棋 双玉3手詰(2019年12月26日)

当ブログがTwitter(ツイッター)&instagram(インスタグラム)で掲載した自作詰将棋をまとめておきます。
・Twitter ID:@Maina_ShogiBlog
・instagram:mizuki_shogi

 


当ブログが2019年12月21日~12月31日に作った詰将棋、双玉3手詰全11問をまとめたページはこちら。
最後にkifファイルのダウンロードページもあります。

◎関連記事 ⇒ マイナー将棋ブログ作 「双玉詰将棋3手詰」 全11問一覧 難易度 初心者~中級者向け!


 


当ブログが2019年5月14日~8月31日に作った詰将棋、双玉1手詰全38問はこちら。

◎関連記事 Part1 ⇒ マイナー将棋ブログ作「双玉詰将棋1手詰」 全38問一覧 Part1 難易度簡単!初心者向け


Part2はこちら ⇒ マイナー将棋ブログ作「双玉詰将棋1手詰」 全38問一覧 Part2 難易度簡単!初心者向け

Part3はこちら ⇒ マイナー将棋ブログ作「双玉詰将棋1手詰」 全38問一覧 Part3 難易度簡単!初心者向け


 

 


◆2019年 12月26日掲載「双玉3手詰

【問題図 双玉3手詰】
普通の感覚で王手をかけると逆王手を食う。

・作者の一言(マイナー将棋ブログ)
双玉詰将棋らしい、簡単に詰むと思ったら逆王手問題です。
普通の単玉詰将棋に慣れていると、このタイプの問題に引っかかる方が多いと思います。
これは双玉詰将棋なので、今一度よーく考えて初手を指しましょう。

 

 

答えは次回の問題の記事に掲載します。

(下にスクロールすると前回の2019年12月25日の問題の答えがあります。)

 

 


◆前回の答え(2019年 12月25日掲載)


◎前回の問題 ⇒ Twitter(ツイッター)、instagram(インスタグラム)に掲載した自作詰将棋 双玉3手詰(2019年12月25日)


【問題図 双玉3手詰】
迂闊な王手だと逆王手を食らう。

・問題図からの指し手

▲7二玉 △7四玉 ▲7五銀(詰め上がり図)

【詰め上がり図は▲7五銀まで】
玉を動かし逆王手を回避して▲7五銀が正解。

△9五馬逆王手を避けつつ王手をかける▲7二玉~▲7五銀が正解。
初手▲7二玉△9三玉▲8三銀成までの詰みを用意したのが、初手▲7二玉の意味。
よって▲7二玉には△7四玉と逃げますが▲7五銀(詰め上がり図)までの3手詰です。

 

 

最後に再掲載 問題図での失敗手順の紹介。

【再掲載 問題図 双玉3手詰】
初手▲7五銀や▲7三銀だと?

1:再掲載 問題図▲7五銀△9三玉(失敗A図)逆王手で詰まない。

2:再掲載 問題図▲7三銀△9三玉(失敗B図)で詰まない。

3:再掲載 問題図▲6三玉△9三玉で詰まない。

【失敗A図は△9三玉まで】
△9三玉と逃げられた時に続く手がない。

 

【失敗B図は△9三玉まで】
やはり△9三玉で困ってしまう。

よって問題図で▲7二玉以外の手は不正解です。

もう一度「双玉だから3手詰」シリーズ。
2019年12月24日の龍問題の姉妹作で、似た形だけど違う筋で悩ませるという出題順番で難しく見せようとしました。
玉を動かしての開き王手ですが、どこに動かすかが今回のポイントでした。
意外と初手の玉移動が見えない人がいて、双玉慣れしていないと意外と見落としやすい筋なのかな?とも思いました。

 



 


◆次回の問題(2019年 12月27日掲載)


◎次回の問題 ⇒ Twitter(ツイッター)、instagram(インスタグラム)に掲載した自作詰将棋 双玉3手詰(2019年12月27日)


※皆様からの詰将棋の投稿、お待ちしております。
ブログのメールフォーム、TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)から、詰将棋を送っていただければ掲載するかもしれません。

マイナー将棋ブログ お問い合わせメールフォーム ←クリックでリンク先へ飛ぶ。
・Twitter ID:@Maina_ShogiBlog

 

 


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表記(2019年  12月26日掲載「双玉3手詰」)

今回掲載した当ブログ作成の詰将棋を「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表記」しておきます。
「クリエイティブ・コモンズ・ライセンス表記」のルールを守って頂ければ、この詰将棋はご自由に使って頂いて構いません。

【2019年12月26日掲載 双玉3手詰】
CCライセンス表記(CC BY 4.0)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
マイナー将棋ブログ 作『2019年12月26日掲載 双玉3手詰』はクリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスで提供されています。
http://minorshogi.com/201901226-twin-3move-problem/にある作品に基づいている。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス 表示用 HTMLコード(コピーペーストしてお使いください。)
<a rel="license" href="http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/"><img alt="クリエイティブ・コモンズ・ライセンス" style="border-width:0" src="https://i.creativecommons.org/l/by/4.0/88x31.png" /></a><br /><a xmlns:cc="http://creativecommons.org/ns#" href="http://minorshogi.com/" property="cc:attributionName" rel="cc:attributionURL">マイナー将棋ブログ</a> 作『<span xmlns:dct="http://purl.org/dc/terms/" property="dct:title">2019年12月26日掲載 双玉3手詰</span>』は<a rel="license" href="http://creativecommons.org/licenses/by/4.0/">クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンス</a>で提供されています。<br /><a xmlns:dct="http://purl.org/dc/terms/" href="http://minorshogi.com/201901226-twin-3move-problem/" rel="dct:source">http://minorshogi.com/201901226-twin-3move-problem/</a>にある作品に基づいている。

 

 


▽関連商品

*詰将棋 実戦問題 初段・1級 (ポケット版・将棋シリーズ)* 定価:650円

著:青野 照市 2003年10月1日発売。 「詰将棋は7手と9手が基本、と言うのが私の持論である」(前書きより。) 前書きの通り、7手詰~9手詰を120題収録した本。 ですが「実戦問題」のタイトルに反して中段玉や入玉形が多く、実戦形の問題は最後の「有段の実戦詰将棋20問」の中に40枚の駒を配置した問題が20問だけあるぐらいなので、実戦形中心の詰将棋本を求めている方は満足できないかもしれません。 今回ここで紹介した理由はP131~P172に「双玉詰将棋に挑戦20問」があるからです。 流石に青野先生の双玉詰将棋は難易度が高く、詰将棋として純粋に難しい物が多い感じでした。 反面、逆王手ですぐに失敗というタイプの問題は少なめという印象。 ただし最初から攻方に王手がかかっている「逆王手図式」が2問(P143、P149)や、盤上広く盤駒を使った双玉問題、「玉だからこそ詰む問題」など双玉詰将棋のアイデアが詰まった意欲作でもあります。 詰将棋作品としては非常に難易度が高く、飽きのこない多彩な問題が盛り沢山で有段者なら思わず読みふけってしまうような問題ばかり。 タイトルの「初段・1級」は今ではもっと上の高段者向けの一冊かもしれません。

 


#この記事のQRコード


QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。



 

Comments are closed.